お知らせ

《特別イベント「カンテレ&トンコリ&創作ユカラ」と「オルパナ大使講演」のご案内》


お申し込み、詳しくはこちら→北海道フィンランドウィーク特別イベント

 

5/31の18時から、特別イベントとして、札幌市民交流プラザで「カンテレ&トンコリ&創作ユカラ」と「オルパナ大使講演」を開催します。
音楽は、北海道とフィンランドとの交流を象徴する、アイヌ音楽とカンテレによる即興共演をお楽しみください。
大使講演ではフィンランドの魅力やポテンシャル、そしてその背景についてお話しいただき、今後の北海道とフィンランドの交流を展望します。
北海道フィンランドウィークへの大使来道に合わせ、HIECCと合同企画いたしました。定員は100名で早い者勝ちです。
皆さまのご参加をお待ちしております!

 

北海道フィンランド協会専務理事 柴田 哲史

サウナの街サっぽろで 「日本最大のOutdoorフィンランドサウナカルチャーEvent」開催!


Saunaの本場フィンランドとサウナの街サっぽろが初コラボイベント開催!
充実した様々なサウナに、フィンランド料理と道産食材のフードエリア、フィンランドのスポーツ「モルック」体験、フィンランドのライフスタイルやカルチャーを学ぶトークイベントなど、サウナを通じて、札幌でフィンランドの魅力が体験できるイベントを5月に開催します!

サウナの街サっぽろ~Hokkaido Finland Week Special~

【フィンランド料理教室&ヘルシンキLIVE報告】
YouTubeでどなたも無料視聴できます

1月23日(日)オンライン(zoom)による料理教室、ヘルシンキをつなぐトークLIVEを開催いたしました。新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け2年ぶりの開催となり、ネッタ・ホンギストさん(北海道大学留学生)を講師に、3部構成で、1部「ヴィーガン」ミニ講座、2部「ヴィーガン料理3品の料理教室」3部「ヘルシンキLIVEトーク」と盛りだくさんでした。

〈1部 ミニ講座〉

「ヴィーガン」については、まさにSDGs~持続可能な食生活を考え、またお腹にやさしい植物性の質の良いたんぱく質、ネッタ・ホンギストさんは、動物好きがきっかけで10年前からヴィーガンになったことなど、短い時間でしたが楽しく学べる講話でした。

〈2部 料理教室〉(エルプラザの調理室から生中継)

・マカロニのキャセロール
・きゅうりとキャベツのサラダ
・オーツとリンゴのオーブン焼き

佐々木理事のアシスタントで手際よく、ネッタさんが3品の作り方を生中継しました。

〈3部 ヘルシンキノルディス(ギフトショップ)をつないで、トークLIVE〉

ヘルシンキ在住のテロさん、氏家さんに札幌の佐藤常務理事がヘルシンキの生活の様子を伺いながら、ノルディスショップの商品の紹介をいただきました。

参加者から、「1時間30分日常から離れた楽しい時間になった」、「調理してできた料理を一緒に頂きながらフィンランド談義が楽しい」という感想もいただきました。新型コロナウィルス感染拡大が収まりませんが、今できることを上手に楽しんで、免疫力をアップして過ごしましょう。リアル開催で、出来上がったフィンランド料理を皆さんとおしゃべりしながらおいしく食べることができる日まで。(担当:白井紀代美理事)

講師:ネッタ・ホンギスト
アシスタント:佐々木邦子理事
オンライン環境:細川和彦、藤田直也
総合統括:佐藤美津子常務理事

#フィンランド料理 #ヴィーガン

【無料バーチャルツアー】週末☆オン旅ショッピング♪inヘルシンキ♯11

ヘルシンキのカンピ地区にある四つ星ホテル オリジナル ソコス プレジデンティ のお隣にあり、いつも優しい笑顔で日本人旅行客をホッとさせてくれる強い味方のお土産屋さん『ノルディス』が月に一度 『毎月第1金曜日の20:00~20:45(日本時間)は、お家で楽しく北欧時間♪』 と題して、旅行会社フィンツアーとコラボするオンライン旅のお知らせです。

★2022年5回目のHAPPYオン旅は5月6日(金曜日)です。20時になったらオンラインでヘルシンキへ出発!★


フィンランドの季節を感じられるもの、今流行っているもの、そしていつでも置いておきたい定番のものなど、おススメの雑貨や食材…などなど、毎月異なるテーマでフィンランドのプチ情報が現地から紹介され、楽しみにされている方も多い 『教えてノルディスさん!フィンランドあれこれ企画』 今月のテーマは、 ◆ 春にまつわるイベント&食べ物 ◆ です。
フィンランドの春と聞いたとき、「こんなイベントがある!」「こんな食べ物が有名♪」など、すぐに答えられるフィンランド通の方もいらっしゃれば、「そういえば、どんなものあるんだろう・・・」とネットで調べようとされる方もきっといらっしゃいますよね。日本だと、この時期は楽しみにされている方も多い大型連休があったり、その連休の中に子供の日があり柏餅やらべこ餅(北海道限定ですね!)を待ち遠しくされている方もいたり、その先の母の日にはカーネーションがフラワーショップの店先いっぱいに並んだりなどなどが思い浮かびますが、それがフィンランドだと…という疑問の答えがオンライン中にわかっちゃいます。
私も春にフィンランドを訪れた際に、変わった服装で歩く集団に遭遇したり、見たことの無いお菓子のようなものと出会ったり、日本では目にすることの無いものに驚いた記憶があります。
ぜひ、知らなかったフィンランドの魅力あふれる春を一緒に探しに行きませんか?「あれは、そういうイベントだったのか!!」と納得したり、「へぇーーー」と思わず大きくうなずいたり、きっとフィンランド通へのステップアップにつながる情報が入ってきますよ♪


そして、春に新しいことを始めたい方、フィンランド語に興味を持っているけど動きだせていない方には朗報です!北海道フィンランド協会では4月11日(月)からフィンランド語講座入門コース(Zoomを使ったオンライン授業と対面授業の組み合わせのハイブリッド授業なので、遠隔地からも参加可能です)がスタートしました。フィンランドでフィンランド語を使ってみたい方は、今から参加してもまだ追いつけそうですよ!ご興味のある方は、URLから詳細をご確認ください。
→→→ https://finkouza-2.hokkaido-finland.com/?p=7179

ツアーのおまけ…以上の価値があり、参加される方もとても多い ◆ノルディスさんとぶらりヘルシンキ◆ では、憧れのラグジュアリーホテル『 Hotel St.George Helsinki(ホテル セイントジョージ ヘルシンキ) 』方面へご一緒しましょう。一度は行ってみたい♪と大人気のホテル内ベーカリーも訪問予定なので、画面から良い香りがしてくるかもしれませんね。
その後、ホテルのすぐ裏に位置するヘルシンキ市で最も古い教会”オールド教会”にも足を延ばします。ここは、なんとあの映画『雪の華』のロケ地になった場所なので、事前に映画を見ておくのもお勧めです。
ぜひ、テロさん、雅子さんと一緒にお散歩して、まだまだ行けないフィンランドを楽しみましょう!次の旅で、実際に行ってみることを夢見ながら~♪
お時間のある方はこちらもどうぞお楽しみに。

Zoomを使える環境であれば北欧ファンの方でも北欧を知らない方でも、どなたでも無料で参加可能ですが、参加を希望される方が多い場合は期日を待たずに締め切ってしまう可能性もありますので、ご興味がありましたらお早めにご予約をお済ませください。
→→→ https://peatix.com/event/3224466/view?k=d14eaac3910f3f2777a7c02fe945e3efca3d30ca

※Peatixからチケットを購入後、自動返信メールを受け取った時点で予約完了となりますので、ワクワクして当日までお待ちください♪
※参加者数増大に伴い、参加形式がミーティングからウェビナーに変更されていますので、皆さんのビデオが表示されない形式となっています。

また、ツアーで紹介される商品はオンラインで購入いただけます。事前に確認して、気になったものがあればツアー中の質問コーナーで画像でわかりにくかったことや使い方、そしてお菓子の味などのさまざまな疑問を解決できますので、気になる商品を事前に予習しておくのも楽しみの一つとして、おススメです。
(お買い物代行サービスは行っておりませんので、取り扱いの無い商品のリクエストは出来ません)
『ノルディス』を知っておきたい方は、こちらからどうぞ。
→→→ https://friend.nordishelsinki.fi/

 

(情報提供:フィンランド語講座金曜上級サークル受講生 平松・大西)

フィンランドのホラー映画『ハッチングー孵化ー』(PG12)上映のお知らせ

札幌では4月15日からサツゲキ狸小路5丁目)で上映されます。

【作品概要】
■監督: ハンナ・ベルイホルム  
■出演: シーリ・ソラリンナ / ソフィア・ヘイッキラ / ヤニ・ヴォラネン /
レイノ・ノルディン
■コピーライト: © 2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst
■原題:HATCHING/2022年/フィンランド/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/91分/字幕翻訳:中沢志乃/PG12

【INTRODUCTION】
誰もが羨やむ“幸せな家庭”で少女の抑圧された感情が<卵>に満ちるとき、悪夢は生まれる。
戦慄の北欧イノセントホラー。
サンダンス映画祭のプレミア上映で世界を驚愕させたその作品は、不穏でありながらも美しさを感じさせた。少女が孵化させた卵が、絵に描いたような幸せな家族のおぞましい真の姿をさらしていく―。
主人公の少女ティンヤを演じるのは1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。母親を喜ばせるために自分を抑制する、この年代特有の儚さを見事に演じきっている。母親役はフィンランドで多くの作品に出演するソフィア・ヘイッキラ。理想の家族像を作り上げ、娘を所有物として扱う自己中心的な母親を演じている。
メガホンをとるのは多くの短編作品を世界の映画祭に出品して高い評価を受け、今回が長編デビュー作となる女性監督ハンナ・ベルイホルム。北欧の明るさの中に潜む恐怖を見事に切り取ってみせている。
『ぼくのエリ 200歳の少女』『ボーダー』に次ぐ、北欧発の新たな傑作ホラー、日本解禁。

【STORY】
北欧フィンランド。12歳の少女ティンヤは、完璧で幸せな自身の家族の動画を世界へ発信することに夢中な母親を喜ばすために全てを抑え、新体操の大会優勝を目指す日々を送っていた。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族に秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなりはじめ、遂には孵化する。卵から生まれた‘それ’は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていく・・・。

2022年4月15日(金)
ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ ほか全国順次公開

 

詳しくはこちら→『ハッチングー孵化ー』公式サイト