お知らせ

【オンラインコンサートのご案内】「アイノラのつどい vol.29」

オンラインでフィンランドと札幌を繋げてのコンサートです。
シベリウス協会員以外は有料となります。
開催は3月26日ですが、事前にライブ配信アプリのツイキャスに登録する必要があります。
詳しくは下のチラシをご覧ください。

 

クリックで拡大します

 


北海道フィンランド協会専務理事 柴田 哲史

フィンランドからのニュースレター「暮らしの余白」のご紹介

フィンランドにお住まいで、さまざまなメディアで北欧の情報を発信している靴家さちこさんが執筆するニュースレター「暮らしの余白」。

靴家さんの実体験・視点を通して、日本とはすこし違うフィンランドの生活や文化の一端に触れることができます。
「幸せの国」「男女平等」など、良いイメージがふわりと先行している話題についても、実際のところはどうなのか、より深く知るきっかけになります。

ニュースレターは、登録するとどなたでもメールで受け取れます(無料)。
登録・過去記事はこちらのサイトをご覧ください。


北海道フィンランド協会会員  片瀬 昌代(広報担当)

【オンラインセミナーのご案内】北欧に学ぶ~北欧と結びコロナ後の北海道を考える

北方圏講座オンラインセミナー「北欧に学ぶ~北欧と結びコロナ後の北海道を考える」が3月20日(土)にZoomで開催されます。

非常に高い労働生産性を誇るフィンランドですが、そのライフスタイルにヒントを探り、コロナ後の北海道の未来を展望します。
講師は北大助教のサウナヴァーラ氏、ゲストはフィンランド日本協会の下村氏(ヘルシンキ)、駐日フィンランド大使館商務部のラウラ・コビロウ氏(東京)です。
詳細は下のチラシをご覧ください。

 

クリックで拡大します

 


北海道フィンランド協会専務理事 柴田 哲史

【オンラインセミナー】札幌のビジネスの「今」~フードデリバリーWoltの講演ほか~

 

札幌市東京事務所より、2021年3月5日開催のビジネスオンラインセミナー「札幌のビジネスの『今』~スタートアップ編~」のお誘いが届きました。
申込方法については、上の添付画像またはWebサイトをご覧ください。
Webサイトかメールによる申込み(3月2日締切り)となります。
イベントにつき不明な点がありましたら、以下にお問い合わせください。
—————
「昨年、フィンランド発のフードデリバリーサービスWoltが札幌に進出し、コロナの影響の中、ビジネスを拡張しているというところでありまして、日本における事業拡大の責任者の方に講演を依頼しました。ぜひご参加いただければ、と思っております。」

札幌市東京事務所
シティセールス担当課長 菊田 昭子 様
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2丁目10番1号
東京交通会館3階
電話 03-3216-5090
Fax 03-3216-5199
E-mail akiko.kikuta@city.sapporo.jp
————-

Woltの重役のMatias Nordström氏の特別講演「日本におけるWoltの拡大~なぜ札幌が選ばれたか」では興味深いお話が聞けそうです(日英同時通訳つき)。
文化関係のご案内が多い当協会からのご案内ですが、今回はビジネスに関するお知らせでした。


北海道フィンランド協会専務理事 柴田 哲史・水本 秀明

【オンラインイベントのご案内】シベリウス・カフェ「カレワラを祝おう」

北海道フィンランド協会の友好協会でもある日本シベリウス協会から、2月28日「カレワラの日」(Kalevalan päivä)に合わせたオンラインイベントのご案内が届きました。
参加ご希望の方は下記内容をご参照のうえ、シベリウス協会のメールアドレス info@sib-jp.org にご連絡ください。
申し込み締め切りは2月27日です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第5回シベリウス・カフェ「カレワラを祝おう」の開催日がいよいよ次の日曜日(2月28日20時開始)となりました!フィンランドでは「カレワラの日」と言われ親しまれているこの日に因み、カレワラの原語での朗読、シベリウスの音楽との関係など、とても素敵なカフェトークをお楽しみ頂けます!!

シリーズ第1回目は、カレワラの概説と、レンミンカイネンサイクルの中から、「トゥオネラの白鳥」に因んだ部分の原詩を朗読していただきます。朗読はフィンランド語の講師で、長く日本においてフィンランドと日本を結ぶ活動もされてきた、橋本ライヤさんです。

カレワラの言葉の響きもお聴きいただけます。もちろん、シベリウスの「トゥオネラの白鳥」もお聴きいただく予定です。

お申し込みの期限は2月27日までとなっております!皆様には是非ご参加くださいますようお願い致します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(more…)