お知らせ

フィンランド語入門講座のプレ授業を行います!

初心者対象のフィンランド語入門講座が、9/5(土)にスタートします。
従来の対面授業ではなく、Zoomを使用したオンライン授業となるため、まずは今月初めにZoomの基本的な操作を学ぶ講座を開催しました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました。

続く準備として、下記の要項でプレ授業を行います。
■日時:8/22(土)・8/29(土) 19時半~21時
■内容:アルファベット・発音

オンライン授業の雰囲気に慣れていただくことが主眼です。
お尋ねになりたいこと、お困りのことなどありましたら、どんどんご質問ください。
講師にとっても、受講生の皆さまの反応を知ることができる貴重な機会となります。
9月の本講座スタート時によりよい授業ができるよう、皆さまのご感想・ご意見を生かしていきますので、どうぞふるってご参加ください。
受講を検討中の方のご参加も歓迎いたします。


フィンランド語入門講座担当  片瀬 康勝

フィンランドの最新コロナ事情

駐日フィンランド大使館さまからニュースレターが届きました。
そのなかから「フィンランドの最新コロナ事情」の記事を皆さまにご紹介します(掲載許可済み)。
その後新たな動きがあり、フィンランド政府は公共交通機関などでのマスク着用を要請すると発表しました。
コロナウイルスへの各国の対応の違いが興味深いですね。


【フィンランドの最新コロナ事情】(大使館ニュースレターより)

フィンランドの新型コロナウイルスをめぐる状況は比較的落ち着いています。フィンランド国内の感染者数は7月29日16 :20(フィンランド時間)時点で7,414名、コロナ関連死亡者数は329名。集中治療が必要な重症患者はいません。7月27日からは、シェンゲン協定加盟国のいくつか、また日本を含む非加盟の数カ国からも入国制限を緩和しています。フィンランド政府は保健医療当局の基準に基づき約2週間ごとに状況を見直し、入国制限・解除の対象国を調整していく予定です。
現在のフィンランドは、ニューノーマルの生活様式で動きはじめています。レストランやバー、ショップやその他公共施設は、ソーシャルディスタンスや手の消毒など感染症対策を導入した上で営業しています。テラス席での飲食を好む人々が増え、ヘルシンキ大聖堂を眺められる元老院広場のオープンテラスはとくに人気を集めています。フィンランド人の多くは自粛生活を徐々に解除しつつ、安全対策を注意深く守りながら行動しています。夏休みシーズン真っ盛りの今は、他人との社会的距離を取るのも容易。森の中で暮らすサマーコテージの需要が増加し、静かで美しい夏の自然を満喫するフィンランド人がさらに増えています。

関連サイト
フィンランド国境警備
THL国立健康福祉センター(最新の感染者数などを掲載)
Visit Finland (フィンランド政府観光局)渡航情報


文責:協会ホームページ担当  片瀬 昌代

舘野泉 ピアノリサイタルのお知らせ


 

舘野泉さんの演奏生活60周年となるピアノリサイタルが、下記の要項で開催されます。
苦海浄土から夢の王国、そして悦楽の園へ。
音楽に浸り、物語に思いを馳せながら、秋の夜長を過ごしてみませんか。

■日時:2020年10月26日(月)
■会場:札幌コンサートホールKitara 小ホール
■開演:19時(18時半開場)
■料金:5,000円(自由席・税込)
■演奏:舘野泉
東京藝術大学を卒業後、1964年よりヘルシンキに在住し、演奏活動に専念。
人間味に溢れ、豊かな叙情をたたえる演奏は、世界中の幅広い層の聴衆から熱い支持を得ています。
脳溢血で倒れ右半身不随となるも、「左手のピアニスト」として活動を再開し、独自のジャンルを切り開きました。
(フライヤーより抜粋)

ご予約・お問い合せはオフィス・ワンまで(電話:011-612-8696)

埼玉フィンランド協会の理事長が来札されました

埼玉フィンランド協会の米竹明理事長ご夫妻が、「フィンランド育児パッケージ」のキャンペーンのため、8月3日(月)に来札されました。
コロナ渦でタイトなスケジュールの中、当会会員NPO北海道ネウボラ代表の五嶋さんと「道庁での記者会見」を行い、札幌市保健所・児童相談所では「北欧モデルの歯ブラシ配布」、フィンランドモデルの「パパ・ママ支援」について説明されました。

記者会見の様子

また、北海道フィンランド協会副会長、専務と感染予防を徹底しているお店でささやかな懇親会を開催しました。
米竹理事長には、歯ブラシの輸入等ご尽力いただき、今後も当分オンラインで行う予定の「フィンランド語講座」への埼玉フィンランド協会会員の参加の可能性について話し合われるなど、連携も深くなりそうです。

クリックで拡大します

 


北海道フィンランド協会常任理事    白井 紀代美

【協会会員の皆様へ】2020年度総会結果のご報告

会員の皆様、総会の書面議決へのご協力ありがとうございました。

総会はコロナの影響のため書面議決となり、配送から提出まで1週間とあまり日数がなかったにも関わらず、配布345票に対して有効投票数は123票と、3分の1を超える会員から投票がありました。

議決結果は以下の通りでした。

◇2020年度総会(書面議決)

期間 2020年6月23日配送、締め切り6月29日必着

会員数 345票、有効投票数 123票

●第1号議案「2019年度活動報告」
賛成 122票、反対 1票 :可決

●第2号議案「2019年度決算・監査」
賛成 122票、反対 1票 :可決

●第3号議案「2020年度活動方針案」
賛成 122票、反対 1票 :可決

●第4号議案「2020年度事業計画案」
賛成 122票、反対 1票 :可決

●第5号議案「2020年度予算案」
賛成 122票、反対 1票 :可決

●第6号議案「規約の一部改正案」
賛成 122票、反対 1票 :可決

*規約条「総会参加者の過半数をもって議決する」

*規約条「規約改正は総会で行い、参加者数の3分の2をもって議決する」

以上の通り、すべての議案について可決されましたので、2020年度の活動を本格的に開始させていただきます。

なお、活動についてのご意見もいくつかいただけましたので、いただいたご意見については役員と情報共有し、今後の協会活動の参考とさせていただきます。

会員の皆様におかれては三密を避けつつ、お体にご留意しながらお過ごしください。

 

オンライン理事会にて、投票結果を確認しました。

 


北海道フィンランド協会会長 柴田 龍