北海道フィンランド協会

北海道フィンランド協会

HOKKAIDON SUOMI-SEURA

青少年科学文化財団より「荒博子さん記念カンテレ基金」設立のお知らせ

故荒博子さん(2022年10月札幌カンテレクラブ発表会)

北海道フィンランド協会の関連団体である一般財団法人北海道青少年科学文化財団(以下、財団)は、フィンランドの伝統楽器カンテレの普及を支援する目的で、このたび「荒博子さん記念カンテレ基金」を設立しました。
荒博子さんは、30年ほど前に財団事務局にお勤めされていた縁でカンテレと出会い、その後、当協会傘下の「札幌カンテレクラブ」を立ち上げ、主宰者として愛好者の拡大を図るとともに、北海道のみならず日本を代表するカンテレ奏者の一人として、その普及に大きな役割を果たしました(昨年5月ご逝去)。
財団では、荒博子さんのこれまでの功績を顕彰し、北海道におけるカンテレ愛好者の拡大など一層の普及を図る目的で当基金を設立し、関係する演奏会・講習会等の開催に要する経費の援助を行うとのことです。
本基金に関心をお持ちの方は、下記の財団ホームページをご覧ください。
また、お問い合わせ、申請お申し込みにつきましても、財団事務局宛てにお願いいたします。
一般財団法人 北海道青少年科学文化財団 http:///hokkaido-seishonen.com

(文責 協会専務理事 渡邊政義)

ー 最近の記事 ー

2024.07.05

7月20日(土)奈井江町で「第1回モルック大会」開催!

フィンランドのハウスヤルビ町との姉妹都市にある北海道・奈井江町では、毎年7月18日(718)を「ないえの日」と称し、その日を含む1週間に各種イベントを行っています。イベント最終日7月20日(土)は、姉妹都市提携30周年を…

2024.07.02

書籍紹介「奇跡のピアニスト舘野泉」

フィンランドで出版された舘野泉さんの生い立ちから現在にいたるまでを描いた評伝が、日本語翻訳されて発売されました。日本での出版は、昨年亡くなられた愛妻のマリヤさんのご希望だったそう。翻訳者は、マリヤさんのご友人でもあり、フ…