サークル活動

KULTA Redberry kantele golden week 2022.5.3-8 開催のお知らせ

札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会)のサルミアッキ・あらひろこさんが出演します。

Kulta(クルタ)は、フィンランド語でゴールド、金のこと。
古い詩の中では、恋人や大切な想い人を表す言葉でもあります。
フィンランドの伝統楽器カンテレのあらひろこが大切な友人たちを迎えてゴールデンウィークに送る、日替わりのコンサートとワークショップ。
金色の五月の陽射しが降り注ぐレッドベリー・スタジオで、お待ちしています。

あらひろこ(北海道フィンランド協会会員、札幌カンテレクラブ代表)

 

KULTA Redberry kantele golden week 2022.5.3-8

  • 日時:2022年5月3日(火祝)〜8日(日)
  • 会場:レッドベリースタジオ札幌市西区八軒2条西1丁目札幌琴似教会裏
  • お申込み:kanteleconcert@gmail.com(あらひろこ)
  • タイトルを「クルタ申し込み」として、日付、公演名(出演者名)またはセッションやワークショップ名、お名前(複数の場合ご来場者全員のお名前)、緊急連絡先お電話番号を明記の上、お申込みください。

    人数に制限がありますので、定員を超えた場合は、お申込み順にキャンセル待ちとさせていただきます。ご了承ください。

 

※※※ Schedule ※※※

2022.5.3(火祝) open14:30 start15:00
Kulta concert
あらひろこ(カンテレ)
ゲスト:いまいまみ(フィドル、ヴィオラ)
料金:2500円

2022.5.4(水祝) open14:30 start15:00
Kulta concert
セリエフィスク
 あらひろこ(カンテレ)
 いまいまみ(フィドル、ヴィオラ)、
 よこたにかずみ(うた、カンテレ etc.)
Bjørn(笛)
料金:2500円(リピート料金2000円)

open18:00 start18:30(-20:00)
ペリマンニ・セッション
フィンランドのフォークチューンでセッションしましょう!
参加費:1000円

2022.5.5(木祝) open14:30 start15:00
Kulta concert
RAUMA
あらひろこ(カンテレ)
嵯峨治彦(馬頭琴・喉歌)
料金:2500円(リピート料金2000円)

open18:00 start18:30(-20:00)
カンテレ・ワークショップ
お手持ちのカンテレをご持参ください。
参加費:2000円

2022.5.6(金) open14:30 start15:00
Kulta concert
あらひろこ(カンテレ)
ゲスト:星直樹(ギター、ブズーキ)
料金:2500円(リピート料金2000円)

open18:00 start18:30(-20:00)
カンテレ・ワークショップ
お手持ちのカンテレをご持参ください。
参加費:2000円

2022.5.7(土) open14:30 start15:00
Kulta concert
あらひろこ(カンテレ)
ゲスト:吉田野乃子(サックス)
料金:2500円(リピート料金2000円)

2022.5.7(土) open18:00 start18:30
Kulta concert
あらひろこ(カンテレ)
ゲスト:小松崎健(ハンマーダルシマー)
料金:2500円(リピート料金2000円)

2022.5.8(日) open14:30 start15:00
Kulta concert
サルミアッキ
あらひろこ、菊地文乃、こうのちえ、清水真理、すがの順子、高田早苗、堀岡真由美、よこたにかずみ
料金:2500円(リピート料金2000円)

ラジオ(FM北海道 / AIR-G’)でモルック「mölkky」が紹介されます

ラジオ FM北海道 / AIR-G’の番組「北川久仁子のbrilliant days×F」でモルック(mölkky)が紹介されます。
1月14日(金)のbdFは「ゆるスポーツ特集」!
モルックの取材で当協会、常任理事 市川一樹が番組に生出演します。 



放送予定:2022年1月14日(金)14:40〜15:10

聴き逃してしまっても、radiko(ラジコ)で聴けます。
*radiko(ラジコ):あなたが今いるエリアで放送しているラジオ局をパソコンやスマートフォンで聴くことのできるサービス。
*北海道内は無料で聴けます。ただし放送エリア外の場合、ラジコプレミアム(有料)会員の方のみ聴けます。

詳しくはこちら→北川久仁子のbrilliant days×F

【バーチャル音楽祭】カウスティネン・フォークミュージック・フェスティバル配信中!

中央オストロボスニア地方の人口4000人ほどの小さな村カウスティネン(Kaustinen)では1968年からフォークミュージック・フェスティバル(Kaustisen kansanmusiikkijuhlat)が開催され、近年では期間中10万人を超える来訪者を数える北欧最大の民族音楽祭の一つに成長しました。

今年はコロナ禍の影響で、観客を集めての音楽祭は中止となりましたが、現在バーチャル音楽祭の形で開催されており、インターネットで内外のアーティストの演奏が楽しめます。
札幌カンテレクラブ主宰のあらひろこさんのデュオ「ラウマ(Rauma)」や、あらさん、そして協会員のこうのちえさん、堀岡真由美さんもメンバーの「サルミアッキ(Salmiakki)」の演奏も聞けるようです。
多くのプログラムが7月末まで配信されます。

詳細は会員のこうのちえさんのブログでお確かめください。

 


北海道フィンランド協会専務理事(語学講座担当) 水本 秀明
*情報提供:こうのちえ会員、堀岡真由美会員

モルック体験【冬プログラム】のお知らせ

※このたびの北海道の非常事態宣言(新型肺炎)を受け、3月14日(土)のモルック体験会は中止いたします。ご了承ください。

フィンランド発祥のスポーツ「モルック」をあたたかい室内施設で冬も楽しみませんか。

クリックで拡大します

(more…)

モルック体験【冬プログラム】活動報告

 

※このたびの北海道の非常事態宣言(新型肺炎)を受け、3月14日(土)のモルック体験会は中止いたします。ご了承ください。

雪が舞うこの2月に、初めて室内でモルック体験会を開催いたしました。

SNSを通じて参加いただいた3名(男性1、女性2)の方、協会関係者5名の計8名で実施しました。

ルールと道具の説明を経て、汗ばむ程の熱気の中、冬の運動不足を実感しながら、個人・チームでのゲームを2時間楽しみました。

今回は留学生たちが試験の時期でもあり、参加はありませんでした。
3月14日(土)も奮ってご参加ください!

■次回実施日
令和2年3月14日 ( 土)17時~19時

■場所
ボールパーク札幌 1階多目的コート
札幌市東区北24条東21丁目1-2
( 地下鉄東豊線元町駅徒歩10分) 駐車可能

 


<お申込・お問合せ>
北海道フィンランド協会理事 / 市川まで
Eメール : k.ichikawa@nomura-g.jp