お知らせ

男声合唱団ESMILA札幌公演にあたって

2019年、日本とフィンランドが外交関係を結んで100周年を迎えました。

1970年代から半世紀近い交流の歴史を持つ北海道フィンランド協会では、ヨーロッパの小国ながら、今年も国連の幸福度調査で世界1位に輝いたフィンランドと日本との100周年を祝う幾つかの記念行事を進めて参りました。北海道の美しい桜”蝦夷山桜”は、4年間にわたる厳しい種子の検査が終わってフィンランドへ送り、来る6月に修好100年を記念してお披露目されます。また、2月の札幌雪まつりでは、ヘルシンキ大聖堂・大雪像に協力し、素晴らしい出来栄えで大きな話題となりました。

さて、当協会では、在札幌フィンランド名誉領事館と共同で、修交100周年記念「男声合唱団 ESMILA <エスミラ>」北海道公演を主催します。1979 年創立の「ESMILA」は首都ヘルシンキ市に隣接するエスポー市を本拠地とする男声合唱団で、今年創立40 周年を迎えています。フィンランドは合唱大国で、その中でも「ESMILA」はこれまで数多く国内外の演奏旅行を行い、国際合唱コンクールでも数々の上位入賞を果たしているフィンランド屈指の男声合唱団です。

札幌公演は、5月25日(土)夜、札幌コンサートホール「キタラ大ホール」で開催し、3月25日から道新プレイガイドでチケットの一般販売を始めます。また、函館公演は同月23日(木)夜、函館芸術ホールで開催し、チケットの販売は、共催の函館男声合唱団によって3月末からスタートします。
季節はライラックの花咲き誇る5月下旬、どうぞこの機会に北欧フィンランドの音楽を通じて北欧文化の一端にふれていただければと願っております。

2019年3月25日
北海道フィンランド協会 会長 井口 光雄


*公演に関するお問い合わせ

札幌:北海道フィンランド協会

( 011-788-2011 <10:00~17:00> 水・土・日・祝日を除く)

函館:函館男声合唱団

( 090-9526-2989 大山明まで)

さっぽろ雪まつり会場に「ヘルシンキ大聖堂」大雪像!!

 

皆さん、
日本とフィンランドの修交100年となる2019年冒頭を飾るとてもうれしいニュースをお届けします。
2019年2月に開催される第70回さっぽろ雪まつりの大通り7丁目会場に、日本とフィンランド修交100年記念「HBCフィンランド広場」が生まれ、ヘルシンキのランドマークとして有名な「ヘルシンキ大聖堂」の大雪像が、広場のシンボルとして建造されることになりました。
大雪像の高さは17m、幅は24m、奥行きは20mという巨大なもので、制作は陸上自衛隊北部方面通信群の皆さん、10月に当協会も協力してヘルシンキで実地調査を行いました。これまでにない精密な大雪像となるでしょう。
さっぽろ雪まつりには、期間中(2月4日から11日までの8日間)に、海外や国内から250万人を超える観客が訪れて、大通り会場など3会場でお祭りを楽しみます。
会員の皆さんも是非フィンランドを初め多くの友人にこの嬉しいニュースをお伝えください。
北海道フィンランド協会 会長 井口光雄

Dear friends, I will deliver you very happy news.
As the commemoration of “Japan and Finland’s diplomatic relations 100th anniversary”, the Sapporo Snow Festival Executive Committee officially announced the construction of the huge snow statue of Helsinki Cathedral at 70th Festival (2019 · 2 · 4 ~ 11).
This snow Helsinki Cathedral’s size is 17 meters high, 24 meters wide and 20 meters deep, and the square surrounding the heavy snow statue will be named “HBC Finland Square”.
Approximately 2.5 million people from all over the world visit and enjoy the festival during the 8 – day period.
Let ‘s have fun the festival together!

Mitsuo Iguchi, Chairman,
The Hokkaido Finland Association

 

「ヒンメリをつくる」出版のお知らせ


当協会常任理事でヒンメリ作家山本睦子さんの初の著書「ヒンメリをつくる」が11月6日より全国の書店で発売されました。

この本では、作品全てに図解が入り初めてヒンメリを作る方にも優しいHOW TO 本になっています。麦わら・ペーパーストローで作るヒンメリ35作品。
日本の住宅にもフィットするサイズのヒンメリや、吊るだけではなくキャビネットなどに置いて飾る新しいヒンメリの提案もしています。

クリスマスの準備が始まる季節、今年はこの本を見ながらヒンメリを作ってみませんか。

出版社: 誠文堂新光社 仕様:B5変判、112ページ 定価:本体1,500円+税
書名:ヒンメリをつくる 著者: 山本 睦子

<お問い合わせ>
山本睦子 メール:info@himmelin-aika.com

リサイタルツアーのお知らせ

「フィンランドの魂を詩う」

当協会会員であり、ヘルシンキで研鑽を積まれた駒ヶ嶺ゆかり氏が、日本フィンランド修好100周年に向けフィンランドと日本でリサイタルツアーを開催いたします。
フィンランドの3人の作曲家による作品を、学びの地ヘルシンキ・故郷の札幌・東京に謝意を込めて響かせます。

※詳細はチラシをクリックしてご覧ください。

<フィンランド公演>

9月22日(土)19:00開演 Helsinki Balderin-sali

 

<日本公演>

◆札幌◆

日 時 : 10月30日(火)18:30開場 19:00開演

場 所 : 札幌 ザ・ルーテルホール(札幌市中央区大通西6丁目)

チケット取り扱い:大丸プレイガイド、道新プレイガイド

◆東京◆

11月1日(木)19:00開演 東京杉並公会堂小ホール


<ご予約・お問い合わせ>北欧の森演奏会企画

090-6037-3112(ミヅキ)

080-4502-7607(コマガミネ)

第10回ふぃんらんど茶話会のお知らせ

フィンランドのお化け話

※詳しい内容はクリックして下さい

今回はハロウィン直前の「夜」の特別企画、フィンランドのお化け話です。フィンランドのお化けについて、その種類、今と昔の違い、お化けとの付き合い方の移り変わりなどなど、体験談も交えてお話しいただけます。是非ご参加下さい☆

◇日 時:2018年10月28日(日)18:30~20:30

◇場 所:エルプラザ4階研修室1(北8西3)

◇講 師:ユハ・トゥイスク氏 ※お話しは日本語です

◇定 員:20名

◇参加費:無料


●お申込み方法

参加ご希望の方は、下記連絡先にメールまたは電話で「参加者氏名・連絡先」をお知らせ下さい。※先着順となり、定員になり次第締め切らせていただきます。

<連絡先>茶話会担当:しばたてつし

メール:higeshiba312@gmail.com

電 話:070-2812-9015

第9回ふぃんらんど茶話会のお知らせ

フィンランド伝統の装飾品 ヒンメリを作る

少し前まで暑い暑いと言っていましたが、季節の移り変わりは早いものです。山々はもう赤や黄色へと移り変わりつつあり、その後はすぐに白い季節がやって来るでしょう。

冬と言えばクリスマス。そこでフィンランド・ラバーがクリスマスと言って思い出すのは、ゆらゆら動きながらキラキラと輝く「ヒンメリ」ですね。

今回は3時間たっぷりとヒンメリ作りを楽しんでいただきます。正八面体などの基本パターンを作ったり、それらをつなげて「進化形」にしたりします。

お茶やお菓子をつまみながら、フィンランドのヒンメリのことや、他の国の麦わらモビールのお話しも聞く事ができます。

早めのクリスマス気分に浸りたい方はもちろん、フィンランドをもっと知りたい方も是非ご参加を!


◇日 時:2018年10月28日(日)12:30~15:30

◇場 所:エルプラザ 4階 研修室5(札幌市北8西3)

◇講 師:山本睦子(ヒンメリ作家、協会理事)

◇参加費:1,000円/人(定員15名)

◇持参するもの:はさみ、定規、タオル

◇年齢制限:刃物を使うので今回は高校生以上の参加とさせていただきます

◇お申し込み先:親睦委員しばたてつし

メール : higeshiba312@gmail.com
電 話:070-2812-9015

◇お申し込み方法

参加ご希望の方は「参加者氏名・連絡先」を明記の上、申し込み先にメールもしくは電話でお申し込みください。なお、材料準備の都合から先着15名様までの参加とさせていただき、定員になり次第〆切らせていただきます。

オルガン演奏会のお知らせ

ヴィッレ・ウルポネン ~オルガンによる教会音楽の夕べ~

※詳細はクリックして拡大

フィンランドの有名なオルガニストの一人、ヴィッレ・ウルポネン氏のオルガン演奏会が下記の通り開催されます。これまでにフィンランドをはじめヨーロッパの多くの国々、また日本、韓国、ロシアでも演奏し、各地の主要な音楽祭でソリストとして演奏するほか、オーケストラとの共演も多く、また伴奏者としても定評があります。この機会に是非お聴き下さい。


◇日時:2018年10月25日(木)

開場18:00/開演18:30

◇会場:札幌北一条教会

札幌市中央区北1条西13丁目(教育文化会館北側)

◇料金:賛助金1000円

◇前売:大丸プレイガイド、教文プレイガイド、北一条教会

 

主催:日本キリスト教会 札幌北一条教会

http://www.geocities.jp/kita1jo/

 

カンテレリサイタルのお知らせ

エヴァ・アルクラ カンテレリサイタル2018

LANDSCAPE~フィンランドの音景色~

札幌でのカンテレ愛好者達にはすっかりおなじみのEva Alkulaさんがカンテレのために書かれた数々の名曲と共に札幌で久し振りにソロコンサートを開催します。妖精の様な雰囲気を持ったEvaは、クラシックカンテレの卓越した奏法と的確な曲の解釈から生まれる哲学さえ感じさせるほどの表現力でフィンランドは元より日本にも多くのファンを持っています。
1999年から一年間 北海道教育大学札幌校にシベリウスアカデミーの交換留学生として在籍し、日本文化にも造詣が深く、日本語も堪能です。そして在札の一年間札幌の「カンテレクラブ」にも熱心に指導をしてくださった方です。
カンテレはとても奥深い楽器です。カンテレは民族楽器ですがコンサートカンテレはクラシック楽器であるということが彼女の演奏を通じてよくおわかりになると思います。是非この機会にEva Alkulaによる39弦コンサートカンテレソロコンサートをお見逃しなく!

日 時:

10月21日(日)開場18:00/開演18:30

会 場:

渡辺淳一文学館

(札幌市中央区南12条西6丁目414)

入場料:

前売2,500円、当日3,000円

 

お問合せ:

佐藤美津子

電 話:090-5077-5642
メ-ル:mitsu-244@email.plala.or.jp

 


 

尚、前日に既修者限定のカンテレのワ-クショップを開催します。

ワ-クショップ終了後にはEvaさんを囲んでの懇親会が開催されます。

※なお、親睦会はどなたでも参加できます。

 

「EVA・ALKULAのカンテレワ-クショップ」

日 時:

10月20(土)15:30~18:00

参加費:2,500円

会 場:

札幌市中央区大通東4-4 EAST4

(札幌ファクトリ-フロンティア館南向き、北1条沿い)

 

「懇親会」

会 場:ワークショップと同会場

参加費:2,500円

※人数に制限がありますのでお早めにお申込みください。

フィンランド料理講習会のお知らせ

※詳細はクリックして拡大

毎年好評のフィンランド料理講習会を下記の日程で開催します。講師は去年に引き続き、シリヤ・イヤスさんです。

フィンランドの秋を感じる料理3品を作ります。是非ご参加下さい。

日 時:2018年10月14日(日)

11:00~15:00(受付:10:30より)

場 所:札幌エルプラザ4階 料理実習室

札幌市北区北8条西3丁目

定 員:30名(定員になり次第締め切り)

参加費:会員1500円/非会員1700円

※参加費は当日受付にて支払い

 

◇持ち物◇

エプロン・布きん・筆記用具(※会場ではスプーン・フォークは常備されておりますが箸がございませんので、必要な方はご持参下さい)

◇申込締切日◇

2018年10月4日(木)※締め切りました

◇申込方法◇

お名前、電話番号、会員・非会員をFAX、メール、お電話でお知らせ下さい

電 話:011-788-2011/FAX:011-788-2211

メール:hokkaido-suomi@leaf.ocn.ne.jp(担当:須田)

セミナーのお知らせ

「日本とフィンランドにおける第三年代」

~日本フィンランドのオンラインセミナー~

来年2019年に日本とフィンランドは修好100周年を迎えます。これを機会に、両国の繋がりをさらに強いものとするため、北海道フィンランド協会はラップランド日本協会と共催し、北海道とラップランドを同時中継で結ぶオンラインセミナーを開催します。
テーマは「第三年代(The Third Age)」です。退職したけど、まだまだ元気な方達が、どう充実した人生を送ろうとしているか、それぞれの国から現状や課題をご報告いただきながら、会場の皆さんといっしょに日本とフィンランドの未来について話したいと思います。

日 時:9月29日(土)

16時~19時(日 本時間)

10時~13時(ラップ時間)

場 所:札幌市立大学真駒内キャンパスまちの講堂

札幌市真駒内幸町2丁目2−2(旧真駒内緑小学校、真駒内駅から200m)

定 員:40名

◇基調講演◇

日 本側:喜多歳子先生(札幌市立大学看護学部教授)
ラップ側:シモ・コスキネン先生(ラップランド大学教授)

◇パネリスト◇

日 本側:喜多先生、看護模擬患者2名
ラップ側:コスキネン先生、シニア大学生2名

◇申し込み先◇

親睦委員しばたてつし

e-mail : higeshiba312@gmail.com
電 話 : 070-2812-9015

*参加ご希望の方は、氏名、会員・非会員の別を明記のうえ、上記申し込み先に送信ください。先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。
*セミナーは日本語とフィンランド語の逐次通訳になります。
*会場には駐車場がありません。公共交通機関をご利用ください。
*フィンランドとの通信を安定させるため、会場では携帯・スマホの電源を切るか通信機能を停止した状態にしてください。