北海道フィンランド協会

北海道フィンランド協会

HOKKAIDON SUOMI-SEURA

協会後援コンサートのお知らせ~4月に道内では札幌と幕別で、あらひろこさんへ捧げる曲も~

フィンランドの国民的ピアニスト、ティモ・アラコティラさんが、日本のアコーディオニスト藤野由佳と作ったアルバム「Seiras」の発売記念ツアーとして来日されます!
「Seiras」は、ティモさんの未発表曲を含むオリジナルと、藤野による日本の原風景を描く楽曲からなるアルバムです。去年の7月にフィンランドでレコーディングをしました。

また、このアルバムには、カンテレ奏者あらひろこさんへ捧げる「Hiroko」(ティモさん作曲)、「Valkoinen kukka」(藤野作曲)が収録されています。ティモさんは、一昨年の日本公演「ノルディック・ウーマン」での共演をはじめ、長きにわたって、あらさんとの交流がありました。藤野は20年来、折に触れあらさんと演奏をご一緒させていただきました。

ティモさんの光の粒のように細やかで美しいピアノを間近に聴くことのできる貴重な機会、是非多くの方にSeirasの世界に触れていただければと思います。 

 [以上藤野由佳さんのメッセージ]

4月14日(日)の札幌公演チケットは、当協会会員でセイラスコンサート札幌公演実行委員会のこうのちえさんのブログ内の「ご予約フォーム」からの入手が簡便です。
http://kieltenkaiku.blog.fc2.com/blog-entry-207.html

道東在住の会員の皆さんは4月18日(木)の幕別公演へぜひお出かけください。また本州では東京(2回)、神戸、栃木県小山市でコンサートが開催されます。本州在住の会員の皆様も美しいピアノとアコーディオンの調べを楽しんではいかがですか。音楽好きには逃してほしくない、お勧めのコンサートです。

北海道フィンランド協会専務理事(フィンランド語講座担当)水本 秀明

このツアーの「4/14札幌公演」には、北海道フィンランド協会のサークル「札幌カンテレクラブ」から生まれた歌とカンテレの演奏グループのサルミアッキが特別ゲストとして出演予定で、あらさんにちなんだ曲を歌わせていただくことになっております。

セイラスコンサート札幌公演実行委員会 こうのちえさん

サルミアッキ(あらさんを囲んで「蔵美2020」より)

「対面&オンライン同時レッスン」2024年度フィンランド語講座入門コース受講生募集中

フィンランド語講座入門コース(初心者対象)

  • 開講日:2024年4月11日(木)*2025年3月まで1期10回の授業を4期実施
  • 日 時:毎週木曜日19:30〜21:00
  • 対面授業(フィンランド協会事務局)とZoomによるオンライン授業を組み合わせたハイブリッド授業
  • 講 師:水本秀明(北海道フィンランド協会専務理事・北海道大学非常勤講師)
  • 受講料:1期10回ごとに15,000円(北海道フィンランド協会会員割引制度あり
  • テキスト代(3,000円程度)購入要
  • ネイティブのゲストも随時参加予定
  • 開講後も随時受講・見学に応じます
    (開講後も授業録画でいつでも学習できるので、途中からの受講でも大丈夫)
  • 欠席しても授業録画で好きな時に学習OK、疑問点も補習授業で解決
    (全国の多くの受講生から好評をいただいております)
  • スマホ・タブレット・PC等でどこでも簡単にレッスンが受けられます

お申込み・お問合わせ:
下記事項も併せてお問合わせメールに記入願います
1)受講の動機
2)学習歴(全くの初心者、参考書で自学自習していたなど)
3)目標とするレベル
こちらから→フィンランド語講座お申込み・お問合わせ

直接担当講師(水本秀明)へメール(akilapinhullu@yahoo.co.jp)もできます

壮瞥町×ケミヤルヴィ市 友好宣言調印30周年記念『そうべつカンテレコンサート』開催 

11e5d91176abc72fc484668d52866972

<そうべつカンテレコンサート>
期 日 2024年3月24日(日) 
時 間 開場13:30 開演 14:00
会 場 壮瞥町地域交流センター山美湖多目的ホール
入場料 無料
申 込 事前申込不要
出 演 カンテレ奏者 佐藤 美津子氏

昨年大変好評でした佐藤美津子先生による『そうべつカンテレコンサート』を今年も開催します!
カンテレ楽器はフィンランドの伝統楽器です。
今年は壮瞥町がフィンランドケミヤルヴィ市と友好都市宣言を締結して記念すべき30周年の年。
コンサートの前には壮瞥町とケミヤルヴィ市のこれまでの歩みもご紹介します。
どなたでもご参加いただけます。
ぜひみなさんお誘い合わせの上、お越し下さい。

お問い合わせは壮瞥町教育委員会(0142-66-2131)まで

≪語学講座より≫月曜初級コースの12名が入門・初級用のテキストを修了されました!

2月26日(月)、月曜初級コースの今年度最終授業が行われ、多くの皆さんが2年間かかって入門・初級用テキストsuomea suomeksi 1「フィンランド語をフィンランド語で1」を修了されました。Onneksi olkoon!おめでとうございます。終了されたのは以下の12名です(敬称略):Kazunori, Takako, Yumi, Makiko, Haruhi, Kie, Mika, Kuniko, Mari, Kimiko, Yoko, Noboru。また、現在数名が録画で未習部分の学習に取り組んでおり、視聴終了後、修了証を受け取る予定です。

このコースはコロナが5類に移行するずっと前の一昨年4月に入門コースとしてスタート、ハイブリッド授業形式で2年間行ってきましたが、ほとんどの皆さんはオンライン受講での修了となりました。

そのような中、対面受講で頑張ってきたKazunoriさんに、代表して修了証が直接授与されました(オンライン受講の皆さんにももちろん修了証をお送りします)。Kazunoriさんは2017年に学習開始、その後お仕事の関係等もあり中断期間がありましたが、今回めでたく修了となりました。他にも2019年開始で中断期間を挟んで修了された方がおられます。修了証自体は何の権威もないものですが、数年かかって1冊の教科書を最後までやり遂げた記念として、受け取っていただければ嬉しいです。

コロナ前のように、フィンランド人ゲストも交えて修了を祝うような茶話会が開けなかったのは残念でしたが、多くの皆さんとは来年度以降、次のステップ、中・上級者用のテキストsuomea suomaksi 2に一緒に取り組めることを楽しみにしています。

北海道フィンランド協会専務理事(フィンランド語講座担当) 水本 秀明

結果報告「スノーシューイングの集い」

先日2月17日(日)、標記イベントが、伊達市大滝区のコースにて、地元在住の国際ノルディック連盟公認ナショナルトレーナーで道フィン協会の藤田隆明理事によるガイドのもと開催された。札幌から参加した私達協会員は、徳舜瞥山の美しい風景を遠くに眺めながら、藤田理事から正しいストックワークの方法など「スノーシューを効果的に楽しむため基本動作」の解説を受けて、林間や徳舜瞥川沿いのコースを会話が楽しめるペースで進んだ。時折、横道に逸れ新雪を踏みしめながら、目的地の「百畳敷洞窟」を目指した。

小1時間歩みを進めた後にはスノーシューを外し、崖地を少し登った先に洞窟を発見した。その中には、大小さまざまな氷筍(通称 ニョロニョロ)が林立しており、私達を歓迎してくれた。暖かい陽光とその照り返しの中でのスノーシューの心地良さと、自然の造形物の不思議さを感じながら、往復2時間のスノーシューイングを終えた。その後、藤田氏邸に移動し、敷地内にある円錐形の小屋KOTAで、牛乳パックを燃料とした美味しいホットサンドを御馳走になり、全日程を終了した。

【大滝でのイベント予定】

夏場のノルディックウオーキング行事について、本年は7月7日(日)開催予定。協会では、詳細が決まり次第、ホームページ等でご案内します。藤田理事を囲んで、沢山の協会員の皆さんとご一緒出来ることを楽しみにしています。 

(協会専務理事 渡邊政義)