お知らせ

ペサパッロ練習にご参加ください!

ペサパッロ練習、次回の日程が決まりました。

●月日 9月23日(祝日)

●時間 12時00分〜14時00分

●場所 豊平川 南22条河川敷球場 Bグランドです。→球場の地図

前回の7月30日は、ちょっと少ない人数でしたので、基本しかできませんでした。9月23日は多くの人数でゲーム形式の練習で楽しみたいと考えています。ぜひ!皆さんご参加ください。初めての方のために、最初はストレッチ、次にペサパッロの基本をお教えし、ルールの説明が終わったら、ゲーム形式の練習を行います。前回の練習では簡単な説明の後、打って走って頂きましたが、みなさんだいたい理解して頂けました。ですから、初めての方でもぜんぜん大丈夫です。むしろ、変わったルールですのでおかしくて、笑いながら楽しんで頂けると思っています。なるべく多くの皆さんに集まって頂き、楽しくスポーツをしましょう!そして、みんなでうまくなって、往年の名選手?達のようにフィンランドに出向いて本場のチームとゲームをしてみたいですね!また、日本にお住まいのフィンランドの方達とも、ペサパッロを通じて大いに交流を深めたいですね!!!けっこう「汗」かきますよ!!

9月23日(祝日)12時00分〜14時00分 場所は豊平川南22条河川敷球場Bグランドです。(この後、10月にも開催予定ですので、決まり次第お知らせします。)

ペサパッロの練習風景

(田中さんのお写真をお借りして、合成しました)

当日の人数を把握しておきたいので、ご参加の方はメールをお願いいたします。

連絡はフィンランド協会理事・川上まで メールアドレス xebecs@jcom.home.ne.jp

ペサパッロ初体験

7月30日豊平川河川敷の野球場で練習会が行われました。
コーチはワールドカップに参加されたおじ様方。
当時の派手なユニフォームを着用し、親切にわかりやすく教えて下さいました。
道具の説明からルール説明の後、実践形式の練習です。
ペサパッロは日本の野球と違い、3球目でアウトになっても必ず1塁に走らなければなりません。そして2塁、3塁。。あれ、何か距離長くない?そしてホームベースに戻るともう息切れする。
普段の運動不足を痛感。一回りするだけで結構な運動量です。
一緒に参加されたオランダ人のご夫婦(奥様は日本人)も大ハッスル。オランダ語と英語と日本語が飛び交う中でフィンランド野球。あーら国際的。
「とても楽しかったからまた誘って」と言われました。

今回フィンランド人の方々は、夏休み中とあって参加者がおりませんでしたが、秋の練習会には参加される方が増えると思います。

国際色豊かなペサパッロ練習会、次回9月の開催も楽しみです。

ヘルシンキの公園に「エゾヤマザクラを咲かせよう!」プロジェクト、スタート

会長 井口光雄

ヘルシンキの郊外ロイフヴオリ桜公園は、花見の名所として最近知られるようになりました。花見は5月の中頃で、特設のステージでは日本の武道の演技や踊りが披露され、屋台では今川焼も売っているなど、ヘルシンキ在住の日本人ばかりでなく多くのフィンランド人家族が繰り出してにぎわいます。今年の日刊紙「ヘルシンキ・サノマット紙」には花見を伝える記事も掲載されました。

この桜公園ができたのは2007年で、約150本の桜が植えられています。ヘルシンキの日本雑貨スーパー「東京館」の冨田憲男さんの提案で始まり、ヘルシンキ市を動かして実現しました。でも桜の苗木はオランダから持って来たそうです。富田さんも日本の桜を考えられたようですが、代表的なソメイヨシノや八重桜は、北緯60度で冬には零下30度にも下がるヘルシンキでは無理と思われたようでした。

昨年秋、フィンランド日本協会の創立75周年の祝賀会に、10名の当協会の役員、会員の皆さんと一緒に出席した私は、席上「ヘルシンキには、同じような北方の気候風土を持つ北海道の桜〝エゾヤマザクラ″が最適、是非実現しましょう」と提案しました。富田さんから桜公園の事を聞いており、フィンランド日本協会長のMatti Enestamさんの意向も確認した上での提案でした。

帰国後。一緒に祝賀会に出席した井幡常務理事が、早速、エゾヤマザクラや他の北海道の桜の調査を始め、苗木の入手や移植方法、さらにフィンランドへの搬送方法についても熱心に調べて下さいました。

Matti さん、Katjaさんと2種4本の苗木そして6月、井幡さんの手配で入手したエゾヤマザクラやさらに寒さに強いとみられるチシマザクラの苗木を持って、私は妻と一緒にヘルシンキに向かいました。迎えて下さったMattiさんらと早速、ヘルシンキ大学園芸学科を訪れ、ガーデニング主任のKatja Uskiさんに持参した2種の北海道の桜の苗木を見せ、大学の苗畑で生育してもらうことになりました。(写真参照、Matti さん、Katjaさんと2種4本の苗木)


AsikkalaのMikko Kyostilaさんの庭このほか、ヘルシンキの友人Forsbergさんの自宅や郊外にあるMattiさんの別荘、更にHelsinkiの北、100キロ程にあるAsikkalaのMikko Kyostilaさんの庭(左の写真)にも、テストのために移植しました。


Forsbergさんの庭のエゾヤマザクラ試験生育の結果は1年半程度で判るでしょう(右の写真は、順調に生育するForsbergさんの庭のエゾヤマザクラ。7月20日撮影)。


成功すれば、2年後の2013年春にでも、大量のエゾヤマザクラなど北海道の桜をヘルシンキの桜公園に移植する計画です。

そして5年後くらいには日本(北海道)の桜も加わった本物の花見をヘルシンキに住む日本人の皆さんやヘルシンキの市民の皆さんに大いに楽しんでもらえるものと期待しています。

頑張れ、フィンランドのエゾヤマザクラ!チシマザクラ!

北海道フィンランド協会創立35周年記念北欧ツアー

ツアー集合写真6月24日に札幌を出発した北欧4カ国ツアーの一行18名は7月3日みな元気で帰国しました。今回のツアーの目玉は、2回豪華客船に乗船すること、昨年北海道大学の鈴木教授がノーベル賞を受賞した際のディナーと同じ「ノーベルディナー2010」をストックホルム市庁舎のレストランで頂くというものでした。

協会会員の皆様にはこのツアーの詳細について別の機会に報告します。

「ペサパッロ」ってどんなスポーツ?

というわけで、ペサパッロの「ルールガイド」をContentsに追加しました。

「フィンランド式の野球?」「グランドが長方形?」「ワールドカップもあるの?」「しかも日本チームがペサパッロワールドカップに出たことがある!?」
・・・ほら、ほら、だんだん興味が湧いてきたでしょう?

そんな方はこちらへ → ペサパッロ「ルールガイド

ぜひやってみたいという方は、こちらのお知らせをご覧ください。
→ 「フィンランド野球「ペサパッロ」を楽しみませんか???