お知らせ

2011−12年度フィンランド語講座 受講生募集受付中!

入門コース

入門コースで片瀬先生がまじめに指導中

2011年度4月より新年度の講座が開講予定です。

すべての講座がいつでも見学可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

講座の途中からの受講や見学されてからの受講も可能です。

授業風景

フィンランド人ゲスト招いての授業風景

授業料、申し込み方法など詳しくはこちらのサイトをご覧ください

フィンランド語講座

フィンランドの多くの友人から今回の大災害へのお見舞いのメールが寄せられました

Dear Mr. Iguchi, chairman of Hokkaido Finland Society,

The earthquake and related calamities in Japan have been a terrible shock to everybody. We sincerely hope that the Fukushima nuclear plant threat will turn out safely. We feel very worried about our Japanese friends and would like to express our deepest sympathies.

Our Japan-Finland Friendship Society in Finland is organizing a concert next Sunday in which many Finnish musicians perform in remembrance of the earthquake and tsunami victims in Japan with donations provided to the victims of the calamity. It is mainly symbolic as we feel very sad and want to do something to assist. There have been many other related events recently. This week I was at a Finnish Parliamentary meeting including the Japanese Ambassador Maruyama to Finland discussing the topic with the Finnish media. Every evening news and special programs focus on what is the current situation in Japan.

We hope that everything is fine with your family and friends.

Best regards,

Olli Juvonen,Finnish-Japanese Society

井口会長、

今回の震災とそれに関わる災害は日本の皆様にとって非常に大きなショックであったことと存じます。福島原発の問題が安全に解決されるよう心から願っております。私たちは日本の友人である皆様のことを大変心配しており、心よりお悔やみを申し上げます。

フィンランド日本協会は次の日曜日に演奏会を催します。多くのフィンランドの音楽家たちが震災と津波の犠牲者の方々のために演奏し、寄付を募る予定です。何か私たちにできることをさせて頂きたいという気持ちの現れです。

同様のイベントが他にも幾つか催されました。今週はフィンランドの議会に丸山日本大使をお招きし、フィンランドのマスコミと共に、震災について話し合いました。毎晩ニュースや特別番組では日本の最新情報を伝えています。

皆様のご家族およびご友人の方々がご無事である事を願っております。

フィンランド日本協会副会長 オッリ ユボネン

井口会長様

今現在、私たちが日本の皆様に貢献できることということで、このたび Teehetki Japanille というキャンペーンを始めました。Teehetki(お茶の時間)と Tee hetki (少し/この瞬間何かしろ)という言葉遊びを含んだスローガンは、当時アハティサーリ大統領の大統領選挙キャンペーンを企画し彼を大統領に押し上げたといわれる Jussi Lähde さんの発案です。(ポスターを添付しました。ご覧ください。ポスターのデザインは、フィンランド在住の日本人グラフィックデザイナー岩浪テーリカンガス里佳さんによるものです)

本日日曜日、このスローガンの下、ヘルシンキの Töölö 教会にて、琴奏者ミンナ・パディッラさんの発案による震災で亡くなった方々への追悼コンサートが初めて行われました。丸山大使ご夫妻もご参加くださり、15人以上のアーティストが無料で参加してくれました。このコンサートについては、YLE、MTV3のニュースでも放送されました。

メインのコンサートは3月30日を予定していますが、これはヘルシンキ大学の講堂で行われる予定で、Ylioppilaskunnan LaulajatやTapiolan kuoroなども出演する可能性が高くなっています。このキャンペーンは皆さんの気持ちをフィンランド赤十字の災害支援基金に寄付していただくことにより、日本を支援しようという主旨です。すでに多くの人が赤十字に寄付をしてくれています。このキャンペーンの輪が全国に広がり、各地で日本に思いを寄せ、応援をする機会をもってもらえるよう活動していこうという試みです。

エネスタム会長からの依頼により、井口会長にご報告させていただきます。

フィンランド日本協会広報担当理事 下村 有子

※ この他、今日迄に下記の方々からお見舞いのメールを頂いております。

  • ヘルシンキ日本協会会長:Matti Enestam 様
  • ヘルシンキ日本協会元会長:Leo Nieminen 様
  • ラップランド日本協会会長:Junhani Lillberg 様
  • ラップランド日本協会元会長:Antero Ikaheimo 様
  • ユヴァスキュラ・シンフォニー:Gari Littler 様
  • アシッカラ親善協会会長:Mikko Kyostila 様
  • ヘルシンキ北西ロータリークラブ会長:Georg von Graevenitz 様
  • Tapio Koskiaho 様

北海道フィンランド協会創立35周年記念ツアー

ツアー内容が一部変更になりましたので最新情報をお届けします。

創立35周年を迎える北海道フィンランド協会では、在札幌フィンランド名誉領事館との共催で、2011年6月 の白夜の季節に「白夜のフィンランド夏至祭と北欧3ヶ国10日間の旅」を企画しました。
北欧を効率よくダイジェストに見学出来るコースとなっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。

申込締め切りは、4月20日です。日程など詳細は下のPDFファイルをご覧ください。

北海道フィンランド協会創立35周年記念ツアー

日程表(PDFファイル)

東北地方太平洋沖地震について

2011年3月11日(金)東北地方太平洋沖地震が発生しました。
被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。
北海道フィンランド協会一同

北海道フィンランド協会創立35周年記念ツアー

北海道フィンランド協会創立35周年記念ツアー案内は一部変更になりました。

新たな募集案内が出来次第、再度アップいたしますので、しばらくお待ち下さい。

2011年3月15日

2011-2012年度 フィンランド語講座入門コース受講生募集

映画『かもめ食堂』や教育水準の高さで注目のフィンランド。
そこで話されている言葉に挑戦してみませんか?

フィンランド語入門講座(初心者対象)

SUOMEN KIELEN ALKEISKURSSI

2011年4月9日(土)開講! (毎週土曜日17時30分~19時)

2012年3月まで全40回の授業を行います。

場所 :  北海道フィンランド協会事務局(中央区南9西3 パークビル4F)
講師 :  三上欧介 (北海道フィンランド協会理事)
授業料 : 1期10回15,000円 (テキスト代込み、会員割引制度あり)

お申し込み・お問い合わせ: 北海道フィンランド協会事務局またはフィンランド語講座HPのメールフォームよりお願いします

TEL : 011-788-2011 (月・火・木・金 10時~17時)
FAX : 011-788-2211 (随時受付)
e-mail : fi-ho.kurssit@hokkaido-finland.com

フィンランド語講座HP : http://finkouza.hokkaido-finland.com/

見学されてからの受講も可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

※初級~上級コースも随時受講を受け付けておりますので、詳しくは講座HPをご覧ください。


フィンランド語講座HPをリニューアルしました

来年度の受講生募集にあわせてフィンランド語講座のHPをリニューアルいたしました。

すでにお問い合わせのある「2011-2012年度 フィンランド語講座募集要項」についてはHP内に詳細を公開してあります。

受講をご希望・検討されている方は講座HPをご確認のうえ、HP内のメールフォームかフィンランド協会へお問い合わせください。

これからも受講の皆様が見やすく使いやすいHPを心がけていきますので、よろしくお願いいたします。

第33回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイトの終了にあたって

会員の皆様へ

サッポロ・インターナショナル・ナイト実行委員会
実行委員長:本堂武夫
北海道フィンランド協会会長:井口光雄


拝啓
サッポロ・インターナショナル・ナイト 2011第33回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイトは、おかげさまで2月12日、盛会裏に開催することが出来ました。ご協力いただきました皆様に心から感謝申し上げます。

「世界の教育」をメーンテーマとした今回の参加登録数は383名、参加実数は328名でした。このうち、23カ国からの留学生など213名が参加した第1部では、Jari Gustafsson駐日フィンランド大使も参加されて「フィンランドの教育」について講演、第2部では「フィンランドの教育」など5つのテーマで活発なディスカッションが繰り広げられました。さらに多くの北海道フィンランドの会員の皆様を含め328名が出席した第3部の交流パーティーでは、参加者の国際的な相互理解・親睦を大いに深めることが出来たものと思っております。

サッポロ・インターナショナル・ナイトは今年で33回目、私どもは、世界の青少年・学生が一同に会して意見交換と友好を深めるこの集いの今後について、皆様とご協議をしながら、出来れば継続していきたいと考えております。なお、今回の内容については、後刻、記録文集にまとめます。(完成予定、5月下旬)。ご希望の方は、協会事務局にお申し出下さい。

有り難うございました。

第33回サッポロ・インタ-ナショナル・ナイト参加者数
登録者数の内訳

  • (日本人)一般:142,大学:78(11大学),高校生:39(16校)招待者:13

    主催者:11

    計 283名

  • (外国人)24カ国留学生等81(うち私費留学生等35),招待者9名など計 90名
  • 登録者合計 373名

出席者の内訳

  • (日本人)一般:129,大学:69(11大学),高校生:37(16校)招待者:11

    主催者:10

    計 256名

  • (外国人)24カ国留学生等71(うち私費留学生等33),招待者9名など計 80名
  • 出席者合計 328名(うち、第1,2部出席者 213名)

参加国
地域数:25カ国・地域(日本を含む)*出席者のみ

  • アジア~中国,韓国,台湾,モンゴル,インドネシア,ネパール,スリランカ,ベトナム,バングラデシュ,フィリピン,日本
  • ヨ-ロッパ~フィンランド,フランス,ドイツ,ウクライナ,モルドヴァ
  • アフリカ~ナイジェリア,ウガンダ,ケニア
  • オセアニア~オ-ストラリア
  • 北・中・南アメリカ~アメリカ,カナダ,メキシコ,トリニダード,ブラジル

2011-2012年度 フィンランド語講座募集要項について

様々な方からのお問い合わせが来ております、2011-2012年度 フィンランド語講座募集要項についてですが、詳細についてはもうしばらくお待ちください。
詳細が決まり次第、本ホームページにてお知らせいたします。

会誌「AURORA 第21号」 ご送付について

会員の皆様に、毎年1月に発刊する会誌「AURORA」を1月15日付で送付いたしましたので、ご報告いたします。
現在、私ども協会には支部の会員含めて、約300人の個人会員と20の法人会員が参加しております。私どもの北海道について、人々の暮らしや町おこし、さらに教育や社会制度など様々な領域において学ぶべき事が多い、北の優れた先進国フィンランドについて、私ども会誌「AURORA」と当協会ホームページを中心に、一人でも多くの方々にフィンランドを紹介していきたいと考えております。
※非会員の方にも、会誌を送付しておりますのでご希望の方は当協会事務局までご連絡の程お願いします。