お知らせ

フィンランドのデザインと建築&ライフスタイルセミナーが開催されました

3月23日北海道大学で「フィンランドのデザインと建築&フィンランドのライフスタイル」が開催されました。主にライフスタイルプランナーの方々向けのセミナーでしたが、フィンランド語講座の生徒さん他、多数参加されていました。
ウッラ・キンヌネン第1部の担当は東京、フィンランドセンターのウッラ・キンヌネンさん。
フィンランドのデザインと建築について、たくさんのスライドを使って詳しく説明されました。お馴染みのフィンランドグッズやデザイナーの説明に熱心に耳を傾ける方々が多く、関心の高さが伺えます。
休憩タイム
さて、お待ちかねの休憩(軽食)タイム。フィンランドセンター北海道事務所、マルティナ・テュリセヴァさんのおばあ様秘伝のブルーベリーパイやサーモンのサンドウィッチ、ブルーベリーショット(カクテル)、ウォッカなどが用意されました。マリメッコデザインの紙皿やコップ・ナプキン、テーブルコーディネートもフィンランド仕様です。壁にはプロジェクターでオーロラが表現され、会場を盛り上げてくれました。
ウッラ・ピルコラ
お腹も満たされた後、第2部の担当はフィンランドセンター北海道事務所のウッラ・ピルコラさん、社会人初のお仕事です。
フィンランドの概要や日常生活とデザインについて詳しく説明され、只今ヘルシンキで開催中の「World Design Capital Helsinki 2012」の紹介もありました。

今回のセミナーも、通訳はフィンランド語講座講師の水本秀明先生が担当しました。質問タイムでは参加者の様々な疑問にフィンランド語を駆使、水本先生大活躍でした。
なお、水本先生は4月開講の初心者向けフィンランド語入門講座も担当します。まだ受講生の募集を受け付けておりますので、関心のある方は下記サイトをご覧下さい。http://finkouza.hokkaido-finland.com/

フィンランドから学ぶセミナーが開催されました

3月21日ロイトン札幌で「トータルインテリアキャンペーン2012 in北海道、フィンランドから学ぶセミナー」が開催され、インテリアコーディネーター等インテリアに関心の高い方々が大勢参加されました。
ウッラ・ピルコラ第1部は暮らし、デザインと教育について。
講師はフィンランドセンター北海道事務所のウッラ・ピルコラさん。大学の卒業式を翌日に控え、忙しい中でのセミナーです。日本と同じように四季のある、フィンランド独特の生活や教育システムについて、流暢な日本語で丁寧に説明して下さいました。日本とは「別荘」に対する考え方も異なり、興味深いお話ばかりでした。

ウッラ・キンヌネン第2部はインテリアとデザイン、環境と衣食住について。
講師は東京のフィンランドセンターのウッラ・キンヌネンさん。通訳はフィンランド語講座講師の水本秀明先生。
フィンランドのデザインは「自然」と密接なつながりがあるそうです。お馴染みのブランド・マリメッコその他のお話やインテリア・建築のお話と、幅広く説明して下さいました。

「北欧の暮らし方:フィンランドのデザインと建築」- 旭川

2012年3月24日(土)

旭川で開催するフィンランドセンター北海道事務所主催のセミナーです。

フィンランドのデザインや建築について楽しく学びましょう!
一般の方もようこそ!

  • 日時:2012年3月24日(土)16:30~17:30(開場16:20)
  • 内容:「北欧の暮らし方:フィンラントのデザインと建築」
  • 講師:ウッラ・キンヌネン さん(フィンラントセンター文化担当マネージャー)
  • 会場 旭川市市民活動交流センターCocode
    住所:旭川市宮前通東
  • 主催:フィンランドセンター北海道事務所
  • お申し込み:(名前、会社名または団体名、ご連絡先)やお問い合わせはFAXまたはメールにてお申し込みください。
    FAX:011-726-2005 (フィンランドセンター北海道事務所)
    EMAIL:ulla.pirkola@finstitute.gr.jp (フィンランドセンター北海道事務所コーデネー
    ター:ウラ・ピルコラ)日本語可
  • 定員:60名(定員になり次第締め切りとさせていたたきます)

お知らせが遅くなってしまいました。すでに定員になっていたらゴメンナサイ。

詳しくは以下のチラシをご覧下さい。

「北欧の暮らし方:フィンラントのデザインと建築」ポスター

「北欧の暮らし方:フィンラントのデザインと建築」ポスター(PDF)

「北欧の暮らし方:フィンラントのデザインと建築」概要

概要書(PDF)

フィンランドから学ぶセミナー

トータルインテリアキャンペーン2012 in北海道

2012年3月21日(水)

「フィンランド人の目で見たフィンランドデザインについてのディープな話・・・」
「リアルなフィンランドを感じて、デザインや暮らしについて楽しく学びましょう」

フィンランドから学ぶセミナー(PDF)

フィンランドから学ぶセミナー(PDF)

  • 会場:ロイトン札幌2F
    札幌市中央区北1条西11丁目
  • 申込:jiia-hokkaido@interior.or.jp
  • 申込締切:3月13日
  • 問合せ:011-758-0222
  • 主催:研修団体ICセンター
    北海道インテリア研究所
    フィンランドセンター北海道事務所

12:15~13:15( 日本語)

  1. 暮らし(幸福度)
  2. デザインと教育
  • 講師:ウッラ・ピルコラ(Ulla Pirkola)
    フィンランドセンター北海道事務所コーディネーター
  • ゲスト:上山勝巳(スペースデザインタピオ)

13:30~14:30(英語/通訳付き)

  1. インテリアとデザイン
  2. 環境と衣食住
  • 講師:ウッラ・キンヌネン(Ulla Kinnunen)
    フィンランドセンター文化担当マネージャー

「フィンランドのデザインと建築」 &「フィンランドのライフスタイル」

2012年3月23日(金)

  • 日時:2012年3月23日(金) 18:20〜20:30(開場18:00)
  • 内容:「フィンランドのデザインと建築」 &「フィンランドのライフスタイル」
  • 講師:ウッラ・キンヌネンさん(フィンランドセンタ一)
    ウッラ・ピルコラさん(フィンランドセンター北海道事務所)
    ※ フィンランドセンターは、日本でフィンランドの研究、教育、芸術、文化を振興するために、1998年東京に設立されました。2011年には北海道事務所が、札幌に開設されました。
  • 開催スケジュール:
    18:00
    開場
    18:20
    開演
    18:30
    第1部
    19:15
    休憩(軽食タイム)
    19:45
    第2部
    20:15
    質疑応答
    20:30
    閉演
  • 会場:北海道大学遠友学舎(北大構内)
    北区北18条(最寄地下鉄南北線北18条駅下車西側徒歩10分)
    ※ 遠友学舎には駐車場がありませんので、最寄りの公共交通機関をご利用願います
セミナー案内書、申込書(PDF)

セミナー案内書、申込書(PDF)

  • 主催:輸入住宅産業協議会(IHIO)
    LSP研究会札幌支部
    (お問い合わせ:kizuka@idh.co.jp)
    フィンランドセンター北海道事務所
  • 協賛:フィンランドセンター
  • 協力:Jimmy Watanabe
  • 参加費:500円(軽食と飲み物を用意しています)
  • 定員:60名
  • お申し込み:右記PDFをダウンロードしての申込書にご記入の上、FAXにてお申し込みください。
    FAX:03-3980-7312(輸入住宅産業協議会)
    (注)受講票はお送りしませんので、当日受付担当者にお申し出ください。
  • 締切:定員になり次第締め切りとさせていただきます。

フィンランド語講座12-13年度受講者募集とアドレス変更のご案内

12年4月からのフィンランド語講座新規受講生の募集要項を掲載いたしました。詳細につきましては下記アドレスをご覧ください。またフィンランド語講座ホームページのアドレスが変更となりました。
見学されてからの受講も可能ですので、フィンランド語に少しでもご興味のお持ちの方のご参加を心よりお待ちしております。

フィンランド語講座新ホームページアドレス
http://finkouza.hokkaido-finland.com/

平成23年度 第1回北極文学会 第4回北方圏講座

2012年2月3日(金)開催

第4回北方圏講座ポスター

第4回北方圏講座ポスター(PDFファイル)

“どこにもない国に生きた エディス・セーデルグラン- フィンランド・スウェーデンの薄命の女流詩人”
講演者:三瓶 恵子

  • 参加無料
  • 日時:2012年2月3日(金)18時〜20時
  • 場所:北海道大学・遠友学舎
    札幌市北区北18条西5丁目
  • 定員:先着50 名
  • 申込:rch@hiecc.or.jp

北海道フィンランド協会が共催しているイベントです。



今回は、スウェーデンのストックホルム在住の三瓶 恵子氏をお招きして、「どこにもない国に生きた エディス・セーデルグラン:フィンランド・スウェーデンの薄命の女流詩人 」についてお話を伺います。

三瓶恵子氏は1952年にお生まれになり、1982年お茶の水女子大学大学院 博士課程を中退(教育学修士)。日本貿易振興機構(ジェトロ)ストックホルム勤務後、 現在はビジネス・コンサルタント(KEI International代表)としてご 活躍中です。主な著書に「ピッピの生みの親 アストリッド・リンドグレーン」(岩波書店)、「スウェーデン右往左往」(日本貿易振興会)、「スウェーデンハンドブック」(共著、早稲田大学出版部)、「どこにもない国」(富山房)などがあります。

エディス・セーデルグラン(1892年〜1923年)はスウェーデン系のフィンランドの国民的詩人である。

「エディスが生きたライヴォラ村(現・ロシア・カレリア)は、戦争で何もかもが焼き尽くされてしまった。どこにもない国に生きた詩人のどこにもない国は、今も、どこにもない。100年の時を越え、北欧の地から響く詩人の言葉に、少しの時間を委ねたい。」


どこにもない国どこにもない国
フィンランドの詩人エディス・セーデルグラン(1892-1923)評伝・越境する魂
出版社 冨山房 三瓶恵子著


北方圏講座会場地図

より大きな地図で 第4回北方圏講座会場 を表示

主催
フィンランドセンター北海道事務所
公益社団法人北海道国際交流・協力総合センター(HIECC)
共催
北海道フィンランド協会
財団法人 スウェーデン交流センター
北海道スウェーデン協会

フィンランド料理講習会のお知らせ

北海道フィンランド協会では、マルティナ・テュリセヴァさんを招いて、フィンランド料理の講習会を北海道国際交流・協力総合センター(旧・(社)北方圏センター)との共催により下記の通り開催いたします。

皆様がお家でも簡単に作ることができ、ご家族の方々にも喜んでいただけるフィンランドの家庭料理を学びます。

是非、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成24年2月4日(土) 11:00~13:30

                      (受付 10:40~11:00)

■会 場:札幌市男女共同参画センタ- 札幌エルプラザ内4F料理実習室

■講 師:Martina  Tyrisevä(マルティナ・テュリセヴァ)

       (フィンランドセンター 北海道事務所 所長)

■会 費:一般1,500円、協会会員1,200円 当日会場受付にて

■メニュ-: 1. 海老とアボカドのカクテル

        2. 鮭のクリームソースオーブン焼き

        3. ブルーベリーパイ

 ■申込み・お問い合わせ

    〒064-0809 札幌市中央区南9条西3丁目パ-クビル4F

          北海道フィンランド協会事務局

          ☎:011-788-2011 fax 011-788-2211 

■申込み方法:はがき又はファックスでお申込みください

       参加する方全員の氏名・住所・連絡先を明記してください。

       尚、電話での申し込みも可。

■締切日:1月26日(木)(定員になり次第締め切らせていただきます。)

■定員:30名

謹賀新年

昨年はフィンランド一日大学などのイベントに多くの方のご参加をいただきまして誠にありがとうございました。本年につきましても、当協会主催のイベントおよび後援イベントのご参加をお待ちしております。

フィンランド語講座恒例「合同クリスマス会」

チェコ式クリスマス今年はフィンランド音楽をカバーしていたミュージシャンの方がチェコ出身の美人婚約者を連れて参加してくれました。
早速チェコ式クリスマスの紹介です。クルミの殻にローソクを立てて火をつけ、これを水に浮かべる。(写真参照)
洗面器を使ったのでちょっと風情はないが、ガラスの器や陶器ならおしゃれな感じになるのでは。

 
パーティーの飲食物パーティーの飲食物は皆が持ち寄ったもの。美味しいものばかりでお腹も満足。
今回もたくさんの方々と話すことができ、楽しい会でした。