ヒンメリ作家 山本睦子常任理事の個展が開催されました

昨年12月19-24日に開催された個展には連日多く方が来場されました。

様々なデザインのヒンメリ全15作品はライティングされて輝き、また会場の白い壁や床面に美しい影を落としてヒンメリの魅力を伝えていました。

ヒンメリを知る方も沢山いらっしゃいましたが、作家が制作する作品の大きさに驚く方々が多かったのが印象的でした。

湖に見立てたミラーとヒンメリ。森と湖の国フィンランドを感じさせる演出も見応えがありました。

祝日23日にはカンテレ奏者のあらひろこさんと八島紫帆さんによるカンテレギャラリーコンサートが開催され、カンテレの繊細で澄んだ音色で包まれました。
お二方のデュオ演奏は本当に素敵で会場の全ての人々を魅了し、温かく優しい時間が流れていました。

ヒンメリとカンテレ、フィンランドの2つの伝統文化(装飾物と音楽)のハーモニーは、初めてフィンランド文化にふれる方々にも好評でした。


※個展の詳しい内容は、山本睦子さんのホームページNews」からご覧いただけます。

Himmelin aika

ヒンメリ作家 山本睦子常任理事の個展開催

山本睦子常任理事個展フライヤー

山本睦子常任理事個展フライヤー

ヒンメリ作家、山本睦子常任理事の個展が札幌で開催されます。
ヒンメリはフィンランドに古くから伝わる麦藁と糸で出来た幾何学的モビールです。12世紀頃より作られ、当時は翌年の豊穣や家族の健康への願いが込められたものとして、そして現代ではクリスマスの装飾品として広く親しまれています。

個展開催中にはライ麦を使ったヒンメリ作りや、カラフルなペーパーストローでヒンメリを作る親子向けのワークショップなども行われます。

なお、12月23日(祝日)には札幌カンテレクラブ(北海道フィンランド協会主催)で指導・演奏をされている、カンテレ奏者 あら ひろこさんのギャラリーコンサートも予定されています。

札幌中心部へお出かけの際はぜひお立ち寄り下さい。入場無料です。

Himmelin aika.-ヒンメリのじかん-ヒンメリ作家 山本睦子 個展

日時:2017年12月19日(火)~24日(日)10:00~19:00(最終日16:00まで)
会場:大丸藤井セントラル7F スカイホール ノーザンギャラリー
札幌市中央区南1条西3丁目2)TEL.011-231-1131

ギャラリーコンサート
日時:2017年12月23日(祝日)14:00~、15:00~、16:00~

主催:大丸藤井セントラル株式会社 後援:在日フィンランド大使館、在札幌フィンランド名誉領事館 協賛:北海道フィンランド協会

 

ワークショップの詳しい内容や山本睦子常任理事の作品についてはこちらをご覧ください。
山本睦子常任理事のウェブサイト

 

フィンランド独立100周年記念講演会のご案内

20171129 hoppokenkouza

今年、北欧のフィンランド共和国は独立100周年を迎えました。北海道とフィンランドとは、1970年代から始まった北方圏交流以来、長い交流の歴史があり、特に近年は、フィンランドはヨーロッパの玄関口として、フィンエアーによる待望の北海道とヨーロッパを結ぶ直行便の期待が高まるなど、両地域の一層の交流促進が期待されています。

北海道フィンランド協会では、在札幌フィンランド名誉領事館と北海道国際交流・協力総合センターとの共催で、11月29日(水)午後、駐日フィンランド大使館ユハ・ニエミ公使参事官をお迎えして、フィンランド独立100年記念講演会を開催することに致しました。

フィンランドと北海道との将来の一層の交流を考える一助として、多くの皆様のご出席を期待致します。

 

フィンランド独立100周年記念講演会

「日本とフィンランド:今までにないほど良い関係」
講師:在日フィンランド大使館副館長 ユハ・ニエミ公使参事官

  • 日時:2017年11月29日(水)15:00〜16:30(受付14:30〜)
  • 会場:京王プラザホテル札幌 3F扇の間(札幌市中央区北5条西7丁目2−1)
  • 会費:無料
  • 定員:100名
  • 申込締め切り:11月24日(金)

お申し込み
北海道フィンランド協会事務局(札幌市中央区南9西3、南九条パークビル4F)
TEL:011-788-2011 FAX:011-788-2211 E-mail:hokkaido-suomi@leaf.ocn.ne.jp
北海道国際交流協力総合センター(札幌市中央区北3条西7丁目道庁別館12F)
TEL:011-221-7840 FAX:011-221-7845 E-mail:hiecc@hiecc.or.jp

Kardemimmit(カルデミンミット)札幌公演

カンデミンミット2017カルデミンミット2017-2

昨年、好評を博したKardemimmit(カルデミンミット)の札幌公演(後援:北海道フィンランド協会)が開催されます。

「カルデミンミット」はフィンランドの民族楽器カンテレの演奏と美しい歌声で魅了する、女性4人組グループです。

前回の公演では、通訳がなくてお話がわからなかったとの声もあったので、今回はMC(司会)をフィンランド語で行い、フィンランドから北海道大学に留学中のシリヤ(Silja)さんとネッタ(Netta)さんに通訳を担当していただく予定です。

Kardemimmit カルデミンミット札幌公演

  • 日時:2017年11月30日(木)開場18:30 開演19:00
  • 会場:六花亭札幌本店10Fきたこぶしホール(札幌市中央区北4条西6丁目3−3)
    JR札幌駅南口徒歩3分 TEL:011-261-6666
    お車をご利用の場合:専用駐車場はございませんので、最寄りの有料駐車場をご利用ください。
  • チケット:前売り3,500円 当日4,000円(全席自由)
  • チケットお取り扱い:大丸プレイガイド(札幌市中央区南1西3大丸藤井セントラルビル1F)TEL:011-221-3900
  • メール予約:kanteleconcert@gmail.com
    「件名:11/30カルデミンミット札幌公演予約」として、
    1.お名前、2.チケット枚数、3.お電話番号を明記の上、
    前日29日20時までにお申し込み下さい。

【お問い合わせ】kanteleconcert@gmail.com

【主催】カルデミンミット札幌公演実行委員会
【共催】株式会社ハーモニーフィールズ
【後援】札幌市 札幌市教育委員会 北海道フィンランド協会
在日本フィンランド大使館 日本カンテレ友の会

第4回北海道ネウボラ研究会〜液体ミルクについて考える〜開催のお知らせ

液体ミルク「第4回北海道ネウボラ研究会〜液体ミルクについて考える〜(協力:NPO川口フィンランド協会 後援:北海道フィンランド協会)」が札幌で開催されます。

「ネウボラ」とは、フィンランド語で「アドバイスの場」という意味を持つ子育て支援施設です。

今回は防災・備蓄・国内流通について、話題となっている液体ミルクについて学び、その普及のメリット、デメリットを考える意見交換会を開催します。

 

第4回北海道ネウボラ研究会〜液体ミルクについて考える〜

<話題提供>
「ネウボラの利用率100%を目指して!」
NPO川口フィンランド協会 理事⻑ 米竹 明さん
「乳児用液体ミルクプロジェクト」
一般社団法人乳児用液体ミルク研究会 代表理事 末永恵理さん

  • 日時:2017年11月28日(火)14:00〜16:00
  • 会場:北海道立女性プラザ 交流スペース
    (札幌市中央区北2条西7丁目道民活動センタービル<かでる2.7>6階)
  • 参加費:500円(定員30名)

申込方法
NPO北海道ネウボラ(主催) hokkaido.neuvola@gmail.com
メールアドレス宛に参加の方のお名前、所属、役職、連絡用メールアドレス、電話番号をお知らせください。

問い合わせ先 090-9528-7637(ゴシマ)