北海道フィンランド協会

北海道フィンランド協会

HOKKAIDON SUOMI-SEURA

奈井江町で初開催「子どもモルック大会」の報告レポートです!

 

10月3日(土)午後、ミアとネッタの子ども向けフィンランド紹介、また、町内で初の(おそらく道内でも初の)「子どもモルック大会」が開催されました。悪天が予想されモルックの準備は屋内でなされていましたが、急遽大会は屋外で行うことになり、やや風は強かったものの好天の中、多くの子どもたちが初めてのモルックに熱中していました。

フィンランドから取り寄せたお土産が引き寄せたわけでもないのでしょうが、全員に賞品が当たる大会だったこともあり、定員一杯の30名の小学生が参加、3名1チームの団体戦で各チームが2ゲームを行い、2ゲーム合計の得点で順位を決めました。

 

 

モルック大会に先立ち、「三密」に配慮して会場設定された講演では、フィンランド人2名が町側の希望もあり浴衣で登場、フィンランドの基本的な地勢や食べ物、習慣などが画像と共に紹介されました。最初は緊張気味だった子どもたちも、質疑応答場面で、ある子が「フィンランドで流行している音楽は何ですか?」と尋ねると、堰を切ったように多くの子どもたちが両名にたくさんの質問を投げかけていました。

 

ミアとネッタによる子供向けのお話も大好評

 

主催者の奈井江町も参加者の多さと子どもたちの反応の良さに驚いていたようで、今後は子どもの大会だけでなく、成人の大会も開催できたら、と今後の見通しについて語っておられました。お孫さんとチームを作っての大会、なんていうのも楽しそうだなと個人的に思いました。会場には休日のところ三本町長も講演の視聴とモルック大会の応援に顔を出されていました。

 


北海道フィンランド協会専務理事  水本 秀明

ー 最近の記事 ー

2024.02.23

結果報告「スノーシューイングの集い」

先日2月17日(日)、標記イベントが、伊達市大滝区のコースにて、地元在住の国際ノルディック連盟公認ナショナルトレーナーで道フィン協会の藤田隆明理事によるガイドのもと開催された。札幌から参加した私達協会員は、徳舜瞥山の美し…

2024.02.13

第34回おおたき国際スキーマラソンが開催されました

おおたき国際スキーマラソン大会に柴田副会長が出席してくださりました。 当日、歩くスキー3Kmのスターターの大役を務めいただきました。スキー15Kmには、男女合わせて135名、歩くスキー7Km 56名、5Km 64名、3K…