北海道フィンランド協会

北海道フィンランド協会

HOKKAIDON SUOMI-SEURA

フィンランド・ラハティ市で蝦夷山桜贈呈式

6月15日、フィンランドの中核都市Lahti市の公園で、当協会の井口名誉顧問と井幡副会長が出席し、日本とフィンランド修好100年を記念して、北海道の桜(エゾヤマザクラ)の贈呈式が行われました。Lahti市は冬のスポーツを通じて札幌と深い関係があり、ジャンプの葛西選手など多くの日本選手が活躍しています。式にはVille Skinnariフィンランド外国貿易大臣、村田日本大使が出席。井口名誉顧問が協会を代表して挨拶し、美しいエゾヤマザクラ(札幌中島公園で撮影)の写真額をlahti市議会議長に手渡しました。

昨年11月、当協会がフィンランドへ送った種子は、現在、Mustila植樹園で育成中で3年後にはLahti市の公園に移植されます。5・6年後には、日本の桜を代表して「エゾヤマザクラ」の美しい花がフィンランドの各地で見られるでしょう。

(エゾヤマザクラの写真額は、Lahti市庁舎に飾られます)

ー 最近の記事 ー

2024.02.23

結果報告「スノーシューイングの集い」

先日2月17日(日)、標記イベントが、伊達市大滝区のコースにて、地元在住の国際ノルディック連盟公認ナショナルトレーナーで道フィン協会の藤田隆明理事によるガイドのもと開催された。札幌から参加した私達協会員は、徳舜瞥山の美し…

2024.02.13

第34回おおたき国際スキーマラソンが開催されました

おおたき国際スキーマラソン大会に柴田副会長が出席してくださりました。 当日、歩くスキー3Kmのスターターの大役を務めいただきました。スキー15Kmには、男女合わせて135名、歩くスキー7Km 56名、5Km 64名、3K…