ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011

ラリッサ・ハルユラさん

ラリッサ・ハルユラさん

札幌とドイツ・ミュンヘンとの姉妹都市提携30周年を記念して始まったミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo。今年はフィンランドも参加しています。
フィンランドブースは大通公園2丁目北西側入口から入ってすぐ。
フィンランドセンター北海道事務所の美女たちが流暢な日本語で応対してくれます。
この日の担当は「ラクちゃん」ことラリッサ・ハルユラさん。可愛いサンタさん出現に、思わず記念撮影するお客様もいらっしゃいました。


サンタクロース

サンタクロース

もちろんサンタクロースもフィンランドから札幌に出張中。子供たちに大人気で、記念撮影にも快く応じてくれます。日本語も話せるサンタさん「イグチサン(会長)ニ、ヨロシク。」と。
開催期間は12月24日まで。フィンランドグッズもたくさん揃っています。

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 2011

フィンランドを知るセミナー「戦後のフィンランド建築」

「戦後のフィンランド建築」セミナー11月26日14時から札幌国際プラザ交流サロンで、「戦後のフィンランド建築」セミナーが行われました。

主催はフィンランドセンター北海道事務所と公益財団法人 札幌国際プラザ。講師はフィンランドセンター(東京本部)文化・コミュニケーションマネージャーのウッラ・キンヌネンさん。

年代別にスライドを使って説明が行われ、フィンランド建築についての興味深いお話が聞けました。参加者からの質問も多く、フィンランドに関心のある方が増えているようです。

北海道 – フィンランドデイズ

2011年10月28日(金)〜11月2日(水)

入場無料、申込不要、通訳付き

Sustainability-Weeks-Poster

ポスターPDFファイル

オープニングセッション – 持続可能な連携のために –

  • 10月28日(金)9時30分開場 10時開講
  • 会場:北海道大学百年記念会館

北海道大学のフィンランドの協定校やフィンランドとの交流がある北海道の大学や市からゲストを迎え、北海道とフィンランドの相互交流の支援や新たな交流の機会を生み出すための方策について議論し、両者の持続的な連携を目指して今何をすべきか考えます。
また、フィンランドの協定校の大学紹介や参加者との質疑応答も行います。

国際シンポジウム
「北方のツーリズムと景観」

  • 11月1日(火) 9時30分開場 10時開講
  • 会場:北海道大学 学術交流会館 小講堂

国際シンポジウム
「先住民族と教育」

  • 11月2日(水) 9時30分開場 10時開講
  • 会場:北海道大学 学術交流会館 小講堂

【主催】
フィンランドセンター北海道事務所
【共催】
北海道大学、低温科学研究所、アイヌ・先住民研究センター、観光学高等研究センター


より大きな地図で 北海道-フィンランドデイズ 会場 を表示