お知らせ

フィンランドで最も有名な日本人 レジェント葛西選手の「不屈の翼」ご紹介

葛西1「不屈の翼」、ソチのオリンピックで、個人銀、団体銅に輝いた葛西紀明選手のジャンプ人生を追ったスポーツライター岡崎 敏さんの渾身の作である。

私が初めて岡崎さんを知ったのは彼が日刊スポーツの記者時代でもう20年以上も前になる。その岡崎さんが、1993年のワールドカップ総合3位、94年のリルハンメル・オリンピックで団体銀メダルを取って以来、何度もどん底に落とされながらも這い上がり、不惑を超えて飛び続ける葛西選手に魅せられて、5年ほど前から葛西選手を書こうと取材を始めた。フリーライターで体もあまり丈夫ではない岡崎さんにとっては、体力的にも資金的にも大変だったろうが、葛西選手を追って、日本国内はもとより、フィンランドでの合宿やヨーロッパ各地で開催された大会を巡った。

葛西3

この本は、フィンランドを始め海外での人気が圧倒的に高い葛西選手を本格的に紹介した最初の本である。もしフィンランド語版が出来れば、間違いなくフィンランドでも大きな関心を呼ぶであろう。 岡崎さんが、先日協会を訪れてサイン入りのこの本を寄贈して下さった。協会の本棚にありますので、自由に閲覧して下さい。(井口光雄)

2014年度総会が開催されました。

5月24日(日)16:00〜20:00 於KKR札幌

第1部 セミナー「ここが違うよ日本とフィンランド」

MC:ユハ・トゥイスク氏 お話し:ラウラ・コピロウさん、スス・イルボネンさん ユハさんを中心に、お二人のフィンランドのお嬢さんが、日本とフィンランドの違いをおもしろおかしく紹介してくれました。

DSC_1848

スーパーでのレジの違い。コンビニが日本ほどなくて困るけれど、逆に日本のATMは時間が短いので夜は本当に困る。とか、食べ物ではおきまりの「納豆」について話し、爆笑の連続でした。 テーマも出演も若者に会った内容だったので、いつになく会場には若い人の姿が多く、とても新鮮なセミナーになりました。

 

DSC_1855DSC_1887DSC_1909

第2部 2014年度総会

司会の阿部専務理事の進行で、井口会長のあいさつに続き、HIECC髙橋副会長の来賓ご挨拶をいただき議事に入りました。渡邊専務理事の2013年事業報告と決算報告。阿部専務理事の2014予算案の承認を得。ご来賓の林万里東川町教育長さまから、「フィンランド教育研究会 in 東川」のご案内を頂きました。

DSC_2012DSC_2025DSC_2083

続いて、井口会長から「創立40周年記念事業:エゾヤマザクラのフィンランド移植計画」のプレゼンテーションがありました。4年後の日フィン国交100周年に、ヘルシンキの町に桜並木を作り上げ、みんなで花見に行こう!という素晴らしい計画に大いに盛り上がりました。閉会のあいさつを速水旭川フィンランド協会会長からいただき。総会は終了いたしました。

DSC_2004DSC_2108DSC_2060

第3部 懇親会

同じ会場で行われた懇親会は柴田常務理事の司会で行われました。横山在札幌フィンランド国名誉領事様からご祝辞を頂き、長谷川名寄フィンランド協会会長の乾杯で始まりました。

DSC_2130DSC_2143DSC_2164

しばらくの懇談の後、各委員会の常務理事が昨年の報告と今年度の計画を披露しました。いつになく若い方々が多く明るい雰囲気の懇親会でした。締めの乾杯は旭川フィンランド協会理事・上山勝巳様から頂きました。上山様はエゾヤマザクラ計画に感動されていました。(4年後には一緒に行きましょう!)無事20:00にお開きとなりました。

DSC_2168DSC_2191DSC_2210

DSC_2224DSC_2250DSC_2242

DSC_2231DSC_2185DSC_2164

DSC_2262DSC_2265DSC_2279

 

 

初心者対象のフィンランド語入門講座が始まりました ー 引き続き受講生を募集中

三上先生の熱心な授業

三上先生の熱心な授業

今年もフィンランド語入門講座が4月12日(土)から始まりました。講師は協会理事でオウル大学への留学経験がある三上欧介先生。
初回授業には6名の生徒さんが集まり、さっそく先生の指導とゲストのエルッキさん(北大大学院)の発音を参考に、アルファベットや発音、あいさつなどに取り組みました。
またフィンランド語を学ぶきっかけを各自に語ってもらうなど和やかな雰囲気で授業が進みました。

新テキスト(左)と旧テキスト(右)

新テキスト(左)と旧テキスト(右)

今年度は1990年代以来使っていた古い教科書を使用せず、最新の知見が盛り込まれた教科書を使うことになっています。

見学の上受講の可否を決めたいという方が数人いるので、もう少し生徒数が増えることを期待しています。例年夏ごろまでは初心者の新規受講を受け入れています(簡単な補習ですぐについていくことが可能です)ので、ご興味のある方は「フィンランド語講座」のページをご覧になってください。
フィンランド語講座

ピルタナウハ織ワークショップにご参加いただきありがとうございます。


IMG_2485
フィンランド伝統リボン織であるピルタナウハ織を制作しました。
腰に糸を巻き付けるという,簡単な技法での織ですが、
それぞれの力加減で幅や模様が変化するため個性的なリボンが出来上がりました。
DSC_0072DSC_0138IMG_2468

また、参加された皆様はフィンランド、北欧の手工芸に造詣が深く話題が広がり
楽しい時間を過ごしました。
DSC_0128IMG_2451
DSC_0140

ヒンメリワークショップにご参加頂きありがとうございました!

2月22日札幌エルプラザにてヒンメリのワークショップが開催されました。

himmeli_01

 

大きさや形の違うヒンメリを、思い思いのコンビネーションで繋げ仕上げていきます。同じ出来上がりのものは1つもなく、個性の光るヒンメリたちが完成しました。また、同施設で開催のお料理講習会で作られたハムパイやフレンチトーストの差し入れもありフィンランドスタイルのティータイムがより素敵な時間になりました。

himmeli_02

フィンランド語入門講座新規開講

フィンランド語入門講座フライヤー

フィンランド語入門講座フライヤー

北海道フィンランド協会では、4月より毎週土曜日(19時〜20時半を予定)に、初心者対象のフィンランド語教室を新規開講いたします。

近年、何かと話題のフィンランドですが、使われている言語も大変面白いです。
一緒に勉強してみませんか。なお途中からの受講や、見学されてからの受講も可能です。

ご興味のある方は、下記フィンランド語講座お問い合わせフォームよりご連絡ください。
北海道フィンランド協会フィンランド語講座

フィンランド料理講習会が行われました

2月22日14時から札幌エルプラザでフィンランド料理講習会が行われました。

フィンランド料理講習会

フィンランド料理講習会


今年の講師は札幌市在住の天野ミントゥさん。
フィンランドでお祖母様から教わったプリン「マイトキーセリ」や「貧乏な騎士(フレンチトースト)」、ハムパイを作りました。

ホワイトソースができるのかなと思ったらプリン(マイトキーセリ)でした。日本でお馴染みのプリンとは作り方が異なり、驚きました。

次回の料理講習会も楽しみです。

貧乏な騎士、ハムパイ、マイトキーセリ(写真奥)

貧乏な騎士、ハムパイ、マイトキーセリ(写真奥)

マイトキーセリ

マイトキーセリ

楽しいイベントのお知らせです!

フィンランド料理講習会

ー親、子供、孫まで伝えられ親しまれているお菓子作りー

恒例の料理講習会を(社) HIECCハイエック(北方圏センタ-)との共催により、下記日程で行います。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

ハムパイ

・日時 2014年2月22日(土)14:00-16:30(受付13:40~)

・場所 札幌エルプラザ(札幌市北区北8条西3丁目)4F料理実施室

・定員 30名  ・参加費 一般 \1.200(税込) 会員 \1,000 (エプロン、筆記用具を持参ください)

・講師 サルミカリ・ミントゥさん

・申込み締切 2月17日(月) : 定員になり次第〆切ります

・メニュー  ①ハムパイ、 ②貧乏な騎士(フレンチトースト)、③牛乳プリン の三種類 (写真は、美味しそうなハムパイ!)

・申し込み先  当協会事務局 tel&fax:011-788-2011 mail:finland.ho@tune.ocn.ne.jp(担当田村)

・参加希望の方は、お名前・住所・電話番号をお書きの上お申し込みください。

 

ご参加お待ちしております! ヒンメリワークショップ

北海道フィンランド協会主催にて初のヒンメリワークショップです。協会会員の皆様に気軽に楽しんで頂けるヒンメリキットをご用意しました。色鮮やかなグリーンに彩色された麦わらを使って、インテリア雑貨的なヒンメリを作ります。フィンランドではおなじみのノードクヴィストのフレーバーティーをマリメッコのマグカップで楽しむティータイムもあります! 皆さまのご参加をお待ちしております!!

チラシHIMMELI

・開催日:2月22日(土) 15:00〜17:00

・定 員:10名(要予約)

・参加費:協会会員限定 2,000円税込(材料費込・お飲物付)

・場 所:札幌エルプラザ4F 研修室3号

札幌市北区北8条西3丁目 Tel 011-728-1222

・講 師:ヒンメリ作家 山本睦子

* お申し込み締切/ 2月14日(金)

〈お申し込み・お問い合わせ〉北海道フィンランド協会事務局

Mail:finland.ho@tune.ocn.ne.jp Tel:011-788-2011 Fax:011-788-2211

 

フィンランドの織物・ワークショップ

-ルイユ織に触れる、そして、ピルタナウハ織を織る―

寒冷地であるフィンランドでは早くから独特の染織・手工芸文化が発達してきました。その代表的な織物に、ルイユ(RYIJY)織とピルタナウハ(PIRTANAUHA)織があります。 ・ルイユ(RYIJY)織:はフィンランドで古くから伝わるパイル織のラグです。室内の暖房をかねた大型の壁掛けやラグマット、ベッドカバーに使用されてきました。そのデザインは北欧独特の民族調モダン、暖かみのあるデザインで大変 魅力的です。 そして、 ・ピルタナウハ(PIRTANAUHA)織は簡単な織機で織って作るリボン(紐)織です。古くは民族衣装の縁飾りやバンドで使用されていました。現在でも気軽にできる手工芸として親しまれています。 ルイユ(RYIJY)織 今回のワークショップではフィンランドの伝統の手工芸の紹介や現在の普及のお話などをしながら、実際にピルタナウハ織でリボンアクセサリーを制作します。ゆったりとした時間のなかで、本格的なおしゃれ北欧デザインを楽楽しみませんか?

ルイユ織り

リボン

・日時 2014年 3月15日(土) 14:00-16:00

・場所 北海道情報大学札幌・サテライト(札幌市中央区北3条西7丁目1 緑苑ビル4階)

・定員 8名 (織機に限りがあるため。)

・参加費 ¥1,500円(税込) ・講師/小林朱実さん(当会会員、道新文化センター・ルイユ織 講師)

・申込み締切 2月28日(金)〆、 協会事務局まで ピルタナウハ(PIRTANAUHA)織

メールfinland.ho@tune.ocn.ne.jp、TEL011-788-2011. FAX788-2211

フィンランド独立記念日記念講演会&パーティ

12月1日札幌京王プラザホテルを会場に約80人の参加者の出席を頂き、盛大に楽しく行われました。第一部の記念講演は15:00より。司会は白澤邦男理事、開会の挨拶は名寄フィンランド協会の長谷川良夫会長で始まりました。ロヴァニエミ市産業部長のエルッキ・カウット氏。(通訳水本理事)講演の内容はロヴァニエミ市の多岐にわたる紹介です。DSCF3534DSCF3396DSCF3414最初に市の概要、気候について。驚いたのは端から端まで150kmもあり札幌市の7倍の面積!に6万人の人口です。それもそのはずEUの中では最も大きな市だそうです。次に観光、産業、教育、デザインなどの話しを画像を見せながら分かりやすく話していただきました。このあと、就業状況、産業の現況などの説明があり、質疑応答に入りました。質問はデザイン、観光、国際交流、スポーツ交流など多岐にわたり、エルッキ・カウット氏は丁寧に答えていました。全体を通して、短めに切ったお話し、理解しやすいパワーポイントの画像、水本理事の要点を分かりやすくまとめた通訳で、大変聞きやすい講演になっていて印象深いものでした。DSCF3431DSCF3560続いての第2部は17:00よりお隣の会場にてパーティ形式で行われました。司会は柴田哲史理事と横山和美理事。あらひろこさんのフィンランド国歌演奏で始まり横山名誉領事の挨拶、来賓挨拶と続き、ご来賓の紹介、井口会長の乾杯で

DSCF3619

パーティのスタートです。歓談されている皆さんは札幌カンテレクラブの皆さんの演奏、歌を楽しみながら料理や飲み物を楽しみました。DSCF3565DSCF3583現在訪れているフィンランドからの留学生の紹介、北大の留学生エリッキさんの尺八演奏があり、その美しい調べに皆さんうっとりでした。その後イベントの始まりです。まずはスポンサーから贈られた品々のオークション。そしていよいよ!お待ちかねのサンタクロースの登場です。DSCF3806サンタさんはウッラさんの通訳を交えて、次から次と楽しいお話しをしてくれました。サンタさんへの質問では「ヒゲはいつから切っていないの?」とか、「何歳なの?」などお子さんからの素朴な質問に会場は和気あいあいでした。サンタさんとの記念撮影のあと、恒例の大抽選会は、プレゼントを全てサンタさんから渡してもらえるので

、ちょっと早い本当のクリスマスがやってきたようでした。DSCF3652DSCF3667DSCF3888DSCF3897DSCF3994ひと仕事終えてサンタさんがご帰還になり、最後に北洋銀行副頭取・北海道フィンランド協会副会長の締めの挨拶と乾杯で楽しい独立記念日の祝賀会はお開きとなりました。

ヴィルタモ新大使ご夫妻の初来道、講演会報告。

DSCF2330当協会とHIECCの共催により「フィンランドの現状と日フィン関係の促進」と題して31日の午後2時から京王プラザホテル22階のスカイラウンジ・ペガサスで開催しました。井口会長から冒頭のご挨拶をいただき、大使のご講演に移りました。ご講演ではタイトル通りのお話しもいただきました。幅広いご講演内容であったことから、会場からの質問も幅広いものとなりました。女性の社会進出問題、人的資源の育成方法、北欧各国との関係、等々。その都度大使からは丁寧な回答がありました。通訳の縄野様、お疲れ様でした。ヴィルタモ大使、楽しいお時間をありがとうございました。
DSCF2189DSCF2240DSCF2353

前日には新大使ご夫妻の初来道に合わせ、当協会メンバーとの初めての顔合わせとなる歓迎会を30日の夜に京王プラザホテル4階蒼樹庵で開催しました。懇談が始まるとすぐに新大使から返礼のご挨拶もあり、さらに乾杯。和やかな雰囲気のなか、HIECCの高橋副会長の音頭による〆の乾杯でしめやかに閉会し、全員の集合写真を撮影してお開きとなりました。(親善交流委員会 柴田)

DSCF2166