お知らせ

「ペッカ・ピュルッカネン グローバルユニット ジャパンツアー 札幌公演」(協会後援)

ペッカ・ピュルッカネン ジャパンツアー 

ペッカ・ピュルッカネン ジャパンツアー

フィンランドはジャズ演奏家・愛好家も多いとご存知でしたか?今回はフィンランドの実力派サックス奏者ペッカ・ピュルッカネンが国際色豊かなユニットで、フィンランドジャズを奏でます。

日時:2012年11月7日(水)開場19時半 開演20時
会場:「くう」札幌市中央区南1西20
    アウルビルB1 電話011-616-7713
入場料:¥3500(前売) ¥4000(当日)
当日は別途1ドリンク代¥500がかかります
*詳しくは添付のフライヤーをご覧ください。
*フィンランド協会事務局からもチケット購入・予約可能です。
なお当イベントには在札のほとんどのフィンランド人留学生が来訪しますので、主催者の「くう」さんの御厚意により、コンサート終了後アーティスト、フィンランド人ゲストを交え、聴衆参加型の打ち上げ&歓迎会を行います。アーティストを含めるとフィンランド人は10人ほどになる予定です。参加費は1ドリンク+軽食で¥1000です。
参加希望の方は、チケット予約、当日受付の際にお申し込みください。

協会主催 カンテレ・セミナー のご案内

カンテレはフィンランドに古くから伝わる弦楽器で、木の胴に張った弦を指でつま弾いて奏でます。最も伝統的な5弦カンテレは、たった5本の弦、5つの音で豊かな表現のできる奥の深い楽器です。初めての方もご一緒にフィンランドの伝統曲の弾いてカンテレの響きを楽しみ、フィンランドの太古の森に想いを馳せてみませんか!
【日時】10月28日(日) 15:00-17:00
【後援】日本カンテレ友の会
【会場】北海道クリスチャンセンター5階チャペル
札幌市北区北7西6  電話011-736-3388
【講師】あらひろこさん(札幌カンテレクラブ代表)
【内容】楽器・音楽の紹介、5弦カンテレによるワークショップ、コンサート
コンサートでは、5弦のほか、15弦やコンサートカンテレの豊かな音色もお楽しみいただきます。
【定員】30名 先着順
【参加費】協会会員、一般の方、ともに無料です。
【楽器の貸出】当日、5弦カンテレは無料で貸し出しいたします。
  【申し込み、お問い合わせ】 協会事務局まで、メールまたは電話で。
Finland.ho@tune.ocn.ne.jp 011-788-2011
くつろいだ休日のひと時をどうぞご一緒に!

ペサパッロとモルッキュの会 報告


10月27日今年最後のペサパッロとモルッキュの会を開きました。参加いただいた方は20人を越す大盛況。おなじみさんにフィンランド語の生徒さん、北大の留学生などの参加で、楽しく開催することができました。

 

 

 

 

 

 

 

終了後は協会事務所をお借りして簡単な納会を開きました。フィンランド語、オランダ語、英語、日本語が飛び交う国際色豊かな会でした。

来年もできるだけ開催しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

《ノルディックウォーキング》in 大倉山ジャンプ競技場

クラブ・ノルディックでは、“2012”事業として、会場・日程の一部を変更し、いくぶん紅葉が始まりました大倉山ジャンプ競技場周辺で、イベントを下記の要領で行います。
また、当日は全日本A級公認第6回伊藤杯サマーファイナル大倉山ジャンプ大会が開催されています。参加者の皆様には観戦の時間も取れるよう考えています。伊藤大貴、高梨沙羅ら、男女とも国内トップ選手が揃った大会です。どうぞ応援のほうも宜しくお願いいたします。
会員以外、ご家族、友人同士、勿論お一人でも自由です。

開催要領

  • 開催日:平成24年10月21日(日曜日)
  • 時間:9時30分に下記集合
    ※9時より随時地下鉄円山公園駅から大倉山競技場まで臨時バスが運行中(有料)
  • 集合場所:大倉山ジャンプ競技場入り口 (ミュージアム入り口)
  • 参加定員:30名先着順で締め切ります
  • 参加料:無料(ジャンプ大会観戦券主催者で用意します)
    ※ポールの無い方主催者側で用意しますが有料です¥300
  • 講師:ノルディック協会 公認インストラクター 3名
  • 持ち物:ポール・帽子・雨具・タオル・飲み物・嗜好品
  • 申込先:北海道フィランド協会 クラブ・ノルディック
    井幡 篤憲(いばた あつのり)常務理事
    ibata-i@cube.ocn.ne.jp
    ※参加申込は上記まで、できれば前日までにお願いします。
  • 問合わせ :井幡常務理事まで上記電子メールか携帯090-3774-7484
    にお願いします
  • その他:小雨決行です

フィンランド料理セミナ-

フィンランド料理セミナー

フィンランド料理セミナー

北海道フィンランド協会毎年恒例のフィンランドお料理セミナ-のご案内です。
今年は講師に北海道大学院留学生のウラ・ピルコラさんをお招きして下記の通り開催されます。
今回は誰でもお家で簡単に作ることができ、ご家族の方々に喜んで頂けるフィンランドのクリスマス料理ですよ。
フィンランドではクリスマスは一年の中でも一番大切な日。
夕方教会でのミサが終わると家に帰り皆で食卓を囲みます。
主な料理は豚のもものオ-ブン焼き、サ-モン料理、お菓子にはクリスマスパイ、ジンジャ-クッキ-があります。
今回のメニュ-は? どうぞお楽しみに。


フィンランド料理セミナ- 

  • 日時:11月4日(日) 11時~14時(受付 10時30分~11時)
  • 会場:札幌市男女共同参画センター 札幌エルプラザ内4F料理実習室
  • 講師:ウラ・ピルコラ
  • 会費:1,500円 当日受付にて
  • 定員:30名
  • お申込締切日:10月26日(金)
但し、定員になり次第締め切らせていただきます。

お問合わせ・お申込
北海道フィンランド協会事務局

  • TEL:011-788-2011
  • FAX:011-788-2211

「充実を目指し」

名寄フィンランド協会Facebookはこちらから
名寄フィンランド協会

 

長谷川 良雄

長谷川 良雄

名寄フィンランド協会 会長 長谷川 良雄

さて、先の協会総会に於いて組織改革が行われボーッと、マッタリしていた名寄ですが、井口会長の戦略にのまれ新生名寄フィンランド協会が無理矢理誕生しました。また、新任の会長として長谷川良夫が就任しましたのでよろしくお願いいたします

 

前身の北海道フィンランド協会名寄支部は、ここ数年間は全くなにもしていない状態ではありましたが、これを機に会員拡大に向けて組織の充実も図りたいと考えております。

審査員を務めるJuhani Lillberg氏

審査員を務めるJuhani Lillberg氏

弊会は若手のペサパッロ軍団もいましたが、10年近く経つと皆出世し仕事が忙しくなったり、家庭のことを重要視するようになりましたし、昔の若者達は老後に向けてひっそりと自宅待機しています。

 

私たちも若い頃は事業などの企画開催を積極的に行ってきましたが、今では1つの目的が達成されると次の目標を定めるのが難しくなってきています。

今回はモチベーションを少し高めて、11月に開催されるフィンランド一日大学に参加しフィンランドの魅力を再確認し名寄会員に楽しんでいただけるように働きかけたいと思います。

最後にいつも名寄フィンランド協会にご支援をいただいている会員の皆様と井口会長に感謝いたします。

旭川フィンランド協会の設立にあたって

速水 修

速水 修

旭川フィンランド協会 会長 速水 修

旭川フィンランド協会の前身である北・北海道フィンランド協会は、1977年10月に今村源吉を会長として設立されました。当時は東京に目を向けがちな北海道の文化を寒冷地の先進国である北欧の文化に視野を広げようという時代でした。

初代会長 今村源吉先生

今村は協会の20周年誌に『北・北海道という呼称は、今や日本中に対して、一つの文化を持つ地域として認識され、道北という名に変わって各分野で使用されるようになってきました。これこそ、地域文化の具現であり、近代文化の求めるものでしょう。』と述べています。そしてさらに『今までの20年の歴史は「さらに深くフィンランドを」と願う私たちの基礎的段階、土台であった年月であります。これからも実に興味深く、魅力あるテーマであり続けることでしょう』と結んでいます。

それから15年が過ぎ、新入会員の極端な減少と会員の高齢化が進み、また、これまで旭川の北海道東海大学に毎年のように来ていたフィンランドからの留学生も途絶えてしまうなど、フィンランド人との交流の機会も少なくなり、この3年間は不本意ながら個人的な活動のみで組織としての活動はストップしていました。

そのような状況の中、昨年から井口会長や阿部専務理事、井幡常務理事等のご好意とフィンランド大使のご期待もあって、本協会の生みの親である今村初代会長の意志を引き継ぐためにも、旭川フィンランド協会と改称して北海道フィンランド協会の地区協会として再スタートすることになりました。新しい組織を軌道に乗せるのはさまざまな工夫や努力が必要と思われます。

皆様のご協力とご支援をお願い致します。

ホームページはこちら → 旭川フィンランド協会ホームページ

会誌「オーロラ」原稿募集中!

aurora2010

会誌「オーロラ」の原稿を募集いたしております。
“音楽やスポーツ、遊び、暮らし、旅行記などフィンランドに関わる原稿をお待ちしております。

お問い合わせは、事務局または担当田村まで。

 

お問い合わせ

  • 北海道フィンランド協会:〒064-0809
    札幌市中央区南9条西3丁目パークビル4F
  • TEL:011-788-2011
  • FAX:011-788-2211
  • Mail:finland.ho@tune.ocn.ne.jp

次回のペサパッロ&モルッキュの集いが決まりました!

ペサパッロ&モルッキュの集い
日時:10月27日 12:00〜15:00
場所:円山公園 坂下野球場(坂下グランド)
場所は画像を参照ください。
9月のグランドがいっぱいでとれなかったため、今回が今年最後の集まりになります。
また、終了後簡単な納会を企画しますので、参加希望の方は
◎グランド ◎納会 の参加希望を連絡ください。
連絡は下記(川上)まで
xebecs@jcom.home.ne.jp
今年はたくさんの参加をいただき、楽しいペサパッロの会になりました。
最後も大いに盛り上がりたいので、多くの皆さんの参加をお願いします。
10月末のため、寒いことも考えられますので、準備してくださいね。

北海道大学へ5名の新留学生

来年夏までの一年間の予定で、オウル大学およびヘルシンキ大学から5名の留学生が北海道大学へやってきました。

北海道大学へ5名の新留学生

今回は名前・出身・専攻について簡単にご紹介します。
前列

  • サム・ラハテラ(Samu Lahtela)君
    オウル大学より、オウル出身、工学と経営学専攻

後列左より

  • インカ・ハカラ(Inka Häkälä)さん
    オウル大学より、オウル県ピュハンタ(Pyhäntä)町出身、経済学専攻
  • インカさんの隣は旧北大留学生のエルッキ・ラッシラ(Erkki Lassila)君
    今回は博士論文執筆の下準備として札幌に短期滞在(教育学専攻)
  • エーメリ・ユルハ(Eemeli Jylhä)君
    オウル大学より、オウル出身、文学専攻
  • パウリーナ・ヴィルタネン(Pauliina Virtanen)さん
    ヘルシンキ大学より、エスポー市出身、日本学専攻
  • ミッラ・ニッシ(Milla Nissi)さん
    オウル大学より、オウル県クーサモ市出身、歴史専攻