About

― 協会の概要 ―

北海道フィンランド協会の概要

フィンランド料理教室

フィンランド料理教室

北海道フィンランド協会は、1976年10月に発足いたしました。

北欧の優れた福祉国家、北欧の優れたデザインや人々の暮らしなどに関心のある方々ばかりでなく、近年では地域興しの産業クラスター運動のモデルとして、さらには情報科学技術を中心に華々しい経済的な発展などフィンランドは国際社会で注目されており、北海道フィンランド協会には年齢を問わず様々な領域の方々が参加されております。

フィンランド語の定期的な講習会やフィンランドに関するさまざまなセミナー、講演会、会員への定期的なフィンランド情報の提供、会員間の交流、さらにフィンランドへの視察親善団の派遣、来道されるフィンランド人のためのホーム・ステイの斡旋などさまざまな活動をしております。

私どもは、今後さらに北海道とフィンランドの情報交換を密にし、一層の交流親善を図っていきたいと願っております。


設立

1976年10月


会員数(2009年7月現在)

個人会員285名(内学生10名)、特別会員10名

法人会員18団体、1支部(10名)


年間を通しての活動

  1. フィンランドセミナーの開催(経済、文化などのテーマを選んで年間3~5回開催)
  2. 「フィンランド料理講習会」の開催、クリスマス料理や家庭料理などなどを紹介、
  3. フィンランド独立記念日(12月6日)の祝賀とクリスマスの集い
  4. フィンランド語講座:1977年以来2年間の中断を除き、毎年開設。入門・初級の2コース、現在までの延べ受講者は370名を越える
  5. カンテレサークル:現在会員は15名、定期的に練習を行うとともに、随時発表会を行う
  6. クラブ・ノルディック:1999年結成、夏の登山・ノルディック・ウオーキング、冬のクロスカントリースキー
  7. ペサパッロクラブ:1985年の札幌ペサパッロ同好会結成以来、定期的に練習、地方遠征を行う
  8. 協会誌「AURORA]、ニュース「Huomenta Suomi」を毎年定期的に発行

― 協会の歴史 ―

2006年

4月

フィンランド映画鑑賞会「コントラクト・キラー」

5月

フィンランドセミナー「フィンランド・2006年の主な課題と成功への戦略」講師:駐日フィンランド共和国大使 Jorma JULIN氏

フィンランド映画鑑賞会「ラヴィ・ド・ボエーム」

6~7月

「創立30周年記念親善旅行」実施、40名参加、ヘルシンキでフィンランド日本協会と夏至祭の交流会開催、在フィンランド日本国大使 近藤茂夫さんご夫妻がご出席。

2005年

3月

フィンランド映画鑑賞会「罪と罰―白夜のラスコーリニコフー」

4月

フィンランド国会教育文化委員会歓迎交歓会

5月

フィンランドセミナー「オウルの現況―産業クラスター」 講師 Seppo Maki氏(前・オウル市産業課長)

フィンランドセミナー「フィンランドの現代美術」講師 Anna Volenmaa氏(美術家)

6月

フィンランドセミナー「2005年フィンランド事情、特にフィン露関係」講師 Tapio Koskiaho氏(元・タンペレ大学準教授)

9月

「新会員名簿」発行

10月

フィンランド大学学識関係者訪問団との交歓会

11月

フィンランド料理セミナー (講師)リトバ・ヒルトネン氏

12月

フィンランド航空の現状と今後の対日展開」講師:フィンランド航空東京支店旅客営業部長 高野明宏氏

2004年

1月

変遷するラップランド、観光は救世主となるか」ラップランド大学事務総長 Juhani Lillberg氏

2月

ノルデック・クラブの7名「フィンランディア・スキーマラソン」(60km、30km)に参加、全員完走

3月

フィン・ジャンプ少年団

フィン・ジャンプ少年団

「フィンランド・北海道少年スキージャンプ交流」共催。フィン・ジャンプ少年団北海道で大活躍

5月

「フィンランド映画鑑賞」2回開催「フロント・ライン(戦略特殊部隊)」、「Finnish Way」、Little Adventure」

2004年度総会開催

フィンランド・セミナー 「フィンランド経済の現況」講師 前・在フィンランド国1等書記官 半谷敬幸氏

10月

フィンランド料理セミナー (講師)リトバ・ヒルトネン氏

12月

「フィンランド・日本外交85周年&最近のフィン・イベント」(講師)駐日フィンランド国大使館1等書記官 Juha Niemi氏

「フィンランド独立記念とクリスマスの集い」

「シンフォニア・フィンランディア歓迎交歓会」

2003年

6月

テープカットする横山名誉領事(右から3人目)

テープカットする横山名誉領事(右から3人目)

「フィンランド・インフォメ-ション・センタ-札幌」オープニング & パーティー

9月

ルオベシからのそば使節団歓迎会。Eero Salovaala 特命全権大使歓迎会(国際ビジネスフォーラム・イン・札幌出席)

12月

「フィンランドの奇跡とその要因」前・在フィンランド国日本大使 長谷川憲正氏

大使夫妻のフィンランド日記」前・日本大使 長谷川憲正氏夫妻

「フィンランド独立記念パーティー」

2002年

3月

「札幌・ヘルシンキ研究グル-プ交換事業」に協賛。札幌とヘルシンキに在住する、異なる専門職に携わる若い人達(各5名)がそれぞれの都市を3週間訪問。「こんにちのフィンランド」と題して2回セミナ-開催

「木路毛五郎ヘルシンキ展」フィンランド日本協会、駐フィンランド日本国大使館、駐日フィンランド国大使館の共催でヘルシンキで約3週間開催。特別出展・テキスタイル戸坂 恵美子氏

Helsinki市庁舎での札幌グループと芬日協会役員

Helsinki市庁舎での札幌グループと芬日協会役員

「創立25周年記念フィンランドツア-」(32名参加)。Aグル-プはヘルシンキと北極圏オ-ロラ探訪、Bグル-プはヘルシンキなど北欧3都市訪問、ヘルシンキでは「木路毛五郎ヘルシンキ展」オープニングに出席、フィンランド日本協会会員らと交歓
テープカットする故木路さん、右隣は協賛出品の戸坂さん

テープカットする故木路さん、右隣は協賛出品の戸坂さん

4月

春山、歩くスキ-の集い」 来札中の札幌フィンランド研究交換メンバー参加、快晴の中山峠山頂へ。

6月

「アルヴァー・ア-ルトの世界にふれる」アルヴァー・ア-ルト展実行委員長 圓山 彬雄氏

「ヘルシンキでの個展を振り返る」画家 故木路毛五郎氏

9月

「会誌「AURORA 13 創立20周年記念号」発刊

12月

フィンランド独立とクリスマスを祝う会(出席者)106名(フィンランド人招待者10名)。「フィンランドにおける女性の社会進出」一等書記官 Nikola Lindertsさん

続きはこちらのページから →フィンランド協会の歴史

― 協会の活動 ―

フィンランド ・セミナーの開催

会員のフィンランドに対する理解を深めてもらうことを目的にフィンランド・セミナーを開催しています。年に数回行われ、政治経済、文化、スポーツなどその内容は多岐に渡っています。

日本ではフィンランドの現状について知る機会は限られており、セミナーはフィンランドのことをよく知る良い機会だと思います。振るってご参加下さい。

料理講習会

フィンランド料理講習会

フィンランド料理講習会

毎年、1~2回開催ですが、フィンランドの料理を紹介する料理講習会は、もう30年も続いている人気の会です。フィンランドの家庭料理やクリスマスの料理、お祝いのときの料理などを紹介しております。

会員交歓

全道に、個人や法人など300を越す会員がおり、会員同士の交流を深めるためいろいろな行事をしています。

フィンランド独立記念パーティー(12月)

フィンランド独立記念パーティ

フィンランド独立記念パーティ

12月6日はフィンランドの独立記念日です。独立記念日とクリスマスを祝うために毎年12月に独立記念パーティーを行っています。当日は多数の会員とフィンランドからのお客様を迎え、お互いの親睦を深めています。このパーティーは大勢の会員が集まりますので、会員になられた方は是非ご参加下さい。

歩くスキーとサウナの集い(毎年3月)

歩くスキー

歩くスキー

フィンランドの冬のスポーツと言えば、クロスカントリー(歩くスキー)です。毎年3月頃に歩くスキーとサウナの集いを行っています。北海道では歩くスキーが盛んです。スキーの後はバーベキューパーティです。皆さんも日頃の運動不足解消とフィンランドのスポーツに触れるために是非参加してみて下さい。

親善交流

親善交流

親善交流

北海道フィンランド協会では、フィンランド日本協会などフィンランド国内の様々な団体と交流活動を行っています。

サークル活動

フィンランド特有の文化に親しんでもらうために、協会ではいくつかのサークル活動を行っています。

ペサパッロ

ペサパッロ

ペサパッロ

ペサパッロとはフィンランド式の野球のことです。当協会では1984年以来、ペサパッロの活動が始まりました。1992年と1996年にフィンランドで開かれた「ペサパッロ・ワールドカップ」には、北海道フィンランド協会が日本の代表チームを派遣しました。これからもみんなで楽しめるペサパッロの普及を進めていきたいと思います。

カンテレ

カンテレ

カンテレ

カンテレとはフィンランドの民族楽器で日本の琴のような弦楽器です。当協会では月2回、カンテレのレッスンをしております。フィンランド民謡を始めとして、色々な曲を楽しんでいます。最近は演奏を頼まれることもあり、人前で演奏する楽しみも加わっております。カンテレの魅力はその澄んだ音色にあります。カンテレに興味のある方はぜひサ-クルに参加下さい。

ノルディック・クラブ

ノルディック・ウォーキング

ノルディック・ウォーキング

1999年にクラブは発足しました。活動内容は夏はフィンランドから始まった「ノルディック・ウォーキング」や「山登り」、冬は「クロスカントリ-スキー(歩くスキー)」などのスポ-ツを楽しんでいます。ぜひ、皆さんも参加してご一緒に汗を流しませんか。

フィンランド語講座

フィンランド語講座

フィンランド語講座

当協会ではフィンランド語の講習会を行っております。
詳細はこちらのサイトを御覧ください →フィンランド語講座

― 協会の交流 ―

フィンランド・北海道間の国際交流

フィンランドと北海道との交流は、フィンランドの国教ル-テル福音派の宣教師の派遣を通じて戦前からあり、戦後も冬のスポーツを通じて行われてきました。しかしそれが本格化したのは1970年代初頭、当時の堂垣内北海道知事が提唱していた「北方圏交流」によって、フィンランドを含めた北方圏への関心が一挙に高まってからといえます。また1972年の札幌冬季オリンピックを契機に,フィンランド人にとっても「サッポロ」と「ホッカイドウ」がより身近なものとなりました。

北海道フィンランド協会が発足した1976年以降、協会はフィンランドと北海道の橋渡し、あるいは窓口として多くの活動を行ってきました。フィンランド人のホームステイ受け入れや当地でのさまざまなケア、福祉・博物館・音楽など多方面にわたる視察団の派遣等が例として挙げられます。

道内の市町村や民間団体とフィンランドとの交流は、北方圏交流の中でも最も盛んなもので、主な交流例を挙げると以下のようなものがあります。

  1. 自治体交流

    • 壮瞥町=ケミヤルビ市(ラップランド県)
      青少年交流を主軸として93年友好都市締結
    • 奈井江町=ハウスヤルビ町(オウル県)
      福祉交流を中心に94年友好都市締結
    • 端野町=オウルンサロ町(オウル県)
      92年友好協会を結成、以来活発な相互交流
  2. 自治体が関わる民間交流

    • 名寄市=ロバニエミ市(ラップランド県都)
      90年代から国際雪像コンクールへの選手相互派遣
    • 大滝村
      91年以来、スキーマラソン大会を通じて多くのフィンランド自治体と交流
    • 津別町
      96年以来、北部フィンランドを中心に毎年視察研修団を派遣
  3. 学術・研究交流

    • アイヌ民族博物館=サーミ博物館(イナリ郡、ラップランド県)
      84年以来姉妹博物館
    • 北海道東海大学(旭川・札幌)=ラップランド大学(ロバニエミ)
      97年以来学生の相互留学および、教育スタッフの交流
    • 道都大学(北広島)=ラップランド大学
      97年相互交流を締結
    • 札幌医科大学(札幌)
      1977年からヘルシンキ大学医学部との北方医学の交流が始まり、以来、フィンランドの他の大学医学部とも順次交流が行われている
    • 北海道教育大学
      90年代から、シベリウスアカデミーとの間で学生の相互留学
    • 北海道大学
      2004年よりオウル大学との学術交流が活発化
  4. 民間交流

    • 北海道フィンランド協会=フィンランド日本協会(ヘルシンキ)
      76年当協会が発足以来相互交流
    • 北海道フィンランド協会=ラップランド日本協会(ロバニエミ)
      86年日本協会が発足以来相互交流
    • 札幌西北ロータリークラブ=ヘルシンキ西北ロータリークラブ
      97年友好クラブ宣言に調印
    • 札幌青年会議所とヘルシンキ青年会議所
      1970年代から友好交流

いずれも、多かれ少なかれ北海道フィンランド協会、各支部、あるいは個人会員が、交流を後押ししていることは特筆すべき事柄かと思います。
新しい地域交流の芽生えとして、北海道経済連合会などが取り組んでいる「産業クラスター」を軸とした北部フィンランドとの交流が挙げられます。産官学一体となって資源活用等に取り組む「産業クラスター」の先進地であるオウル地域に学べと、北見市、釧路市なども積極的な学習交流を始めています。
1995年に在札幌フィンランド国名誉領事に就任した横山清氏(ラルズ社長)は、翌96年「フィンランド・インフォーメーション・センター」を札幌中心部(南2西2ラルズプラザ札幌店)に開設、フィンランドの一般的な紹介に留まらず、産業、製品、貿易等の紹介にもあたっています。
このようなさまざまな交流が、フィンランドをもっと身近なものに感じさせるエネルギー(新千歳-ヘルシンキ直行便運行の機運の高まりなど)に結びついてくれることが大いに期待されます。

本稿を書くに当たって、井口光雄「フィンランド、その高福祉を支える素顔」(北海道女子大学 北方圏生活福祉研究所年報 Vol.3 1997)を参考にしました。

年間を通しての活動

  1. フィンランドセミナーの開催(経済、文化などのテーマを選んで年間3~5回開催)
  2. 「フィンランド料理講習会」の開催、クリスマス料理や家庭料理などなどを紹介
  3. フィンランド独立記念日(12月6日)の祝賀とクリスマスの集い
  4. フィンランド語講座:1977年以来2年間の中断を除き、毎年開設。
    入門・初級の2コース、現在までの延べ受講者は370名を越える
  5. カンテレサークル:現在会員は15名、定期的に練習を行うとともに、随時発表会を行う
  6. クラブ・ノルディック:1999年結成、夏の登山・ノルディック・ウオーキング、冬のクロスカントリースキー
  7. ペサパッロクラブ:1985年の札幌ペサパッロ同好会結成以来、定期的に練習、地方遠征を行う
  8. 協会誌「AURORA]、ニュース「Huomenta Suomi」を毎年定期的に発行