main

北海道フィンランド協会の概要

フィンランド料理教室

フィンランド料理教室

北海道フィンランド協会は、1976年10月に発足いたしました。

北欧の優れた福祉国家、北欧の優れたデザインや人々の暮らしなどに関心のある方々ばかりでなく、近年では地域興しの産業クラスター運動のモデルとして、さらには情報科学技術を中心に華々しい経済的な発展などフィンランドは国際社会で注目されており、北海道フィンランド協会には年齢を問わず様々な領域の方々が参加されております。

フィンランド語の定期的な講習会やフィンランドに関するさまざまなセミナー、講演会、会員への定期的なフィンランド情報の提供、会員間の交流、さらにフィンランドへの視察親善団の派遣、来道されるフィンランド人のためのホーム・ステイの斡旋などさまざまな活動をしております。

私どもは、今後さらに北海道とフィンランドの情報交換を密にし、一層の交流親善を図っていきたいと願っております。


設立

1976年10月


会員数(2009年7月現在)

個人会員285名(内学生10名)、特別会員10名

法人会員18団体、1支部(10名)


年間を通しての活動

  1. フィンランドセミナーの開催(経済、文化などのテーマを選んで年間3~5回開催)
  2. 「フィンランド料理講習会」の開催、クリスマス料理や家庭料理などなどを紹介、
  3. フィンランド独立記念日(12月6日)の祝賀とクリスマスの集い
  4. フィンランド語講座:1977年以来2年間の中断を除き、毎年開設。入門・初級の2コース、現在までの延べ受講者は370名を越える
  5. カンテレサークル:現在会員は15名、定期的に練習を行うとともに、随時発表会を行う
  6. クラブ・ノルディック:1999年結成、夏の登山・ノルディック・ウオーキング、冬のクロスカントリースキー
  7. ペサパッロクラブ:1985年の札幌ペサパッロ同好会結成以来、定期的に練習、地方遠征を行う
  8. 協会誌「AURORA]、ニュース「Huomenta Suomi」を毎年定期的に発行